わたしいろ人生 〜元バックパッカーライターMiiの日記

母になってからも楽しいことだいすき♪ライターのお仕事を始めました。ブログでは主に旅、本、日常について発信中。

衝撃!「オランダせんべい」は北海道にもあった!!(゚o゚;;

こんにちは。

 

バックパッカーライターのMiiです。

 

このブログの中で以前登場したわが地元山形のソウルフードオランダせんべい」。覚えておいででしょうか?

 

知らない方はぜひ読んでみてください↓↓↓ 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

オランダせんべいは地元酒田で作られている、ごく普通のうす焼きせんべいではありますが、小さい頃からなじみのある味。ずっと東北限定で販売されているんだそうで(銀座のアンテナショップでも買えますが。)地元ではおそらくだれ一人知らない者はいないでしょう。

 

まずは長年愛されている理由を考えてみました。

  1. お手頃価格である
  2. 米本来の味を生かした、シンプルながらも飽きのこない味
  3. 大きさも小さめで薄く、食べやすい
  4. そのインパクトのあるネーミング
  5. 一度見たら忘れられないレトロなパッケージ

1・・これはとっても大事ですよね~。地元で長く愛されるための必須条件だと思います。ちなみにスーパーでよくみかける基本形はこのタイプ。現在の価格は150円です。

 

2・・オランダせんべいはサラダ味(つまり塩味)なんですが、地元の庄内米を100%使っていて、塩加減もまた絶妙なんですよ。なんでも塩振りは熟練の手でやっているんだとか‥?

 

3・・小さめのうす焼きで食べやすいので、ついつい何枚もいっちゃうんですね~。一袋なんてあっという間!

 

4と5・・私には小さいころから慣れ親しんだ名前とデザインですが、きっと知らない人にはインパクトがあるんじゃないでしょうか・・?

 

よくある質問。山形なのになんでオランダ??

 

・・これは庄内の方言で「私たち」のことを「おらだ」と呼ぶことから、「おらだが丹精込めて作った庄内米を使い、おらだの手によってつくられた、おらだのおせんべい」という意味を込めて「オランダせんべい」と名付けられたんだそうです。

 

ちなみにパッケージにある女のコの名前は「オランダちゃん」です。まんまですね(;'∀')。

 

ウチの主人も子どもたちもオランダせんべいが大好きなので、帰省の時には必ず買って帰るお土産の一つ。今年の夏はスーパーで箱買いしました(笑)。地元にいた時は何とも思ってなかったけど、実家を離れてからはときどき無性に食べたくなる故郷の味です。

 

今はお土産用のちょっとシャレたレトロパッケージのオランダせんべいも出てるけど(↓↓↓)なんかちょっとちがうね・・。無理しておしゃれしてる感じかな。オランダせんべいはやっぱり素朴なままがいいですよ。

 

・・って、今日の本題はここじゃなかった('◇')ゞ

 

 

きのう何気なくネットで調べていたらですね。なんと!北海道にも「オランダせんべい」があることが判明!これは衝撃の事実・・(◎_◎;)いや、こんな名前のせんべいは山形の オランダせんべいくらいだろうと勝手に思っていたので・・。失礼。

 

 

なんでも、北海道の根室にある「端谷菓子店(はしやかしてん)」で作られている根室銘菓なんだそうです。

 

HPをみるとこんな文章が書いてあります。

オランダせんべいの思い出

子供のころよく食べたあの甘い味

しっとりとやわらかい

とても不思議な味

ちぎって食べてまた食べて

ついつい二枚、三枚と

ねむろを語ると必ず

オランダせんべい

お話が出てきます

あの懐かしい味は今もまもり続けています

olandasenbei.com

 

写真をみるとワッフルみたいにでこぼこですが、おせんべいなの??

こちらもやっぱり、地元を離れた人にとってはなつかしい故郷の味、という感じのようですね。どんな味かすご~く気になります。

 

ちなみにこちらのオランダせんべいのルーツは長崎にあるようです。

 

江戸時代に外国船が出入りし、オランダ商館も置かれていた長崎の平戸に伝わったのが「オランダ煎餅」。これが平戸に広まります。

 

その後、海上を行き来していた北前船によって平戸から根室にも伝えられ、根室でも作られるようになったらしいのです。(考えてみると江戸時代、酒田も北前船の寄港地でした。偶然かしらね?)

 

平戸には現在も「オランダ煎餅」と「おらんだ焼」というお菓子があり、でこぼこの独特な模様が「オランダ人の靴あとをイメージしている」と言い伝えられているんだとか。

 

まあ、他にも説はあるみたいですが、お菓子一つにこんな歴史が隠されているなんておもしろいですよね!食べてみたくなっちゃったなあ・・。アンテナショップに行けば買えるかな?同じ名前のお菓子をめぐる旅というのも楽しそうですね夢が広がります。

 

根室、あるいは長崎のオランダせんべい、どなたか知ってる方がいたらぜひお知らせください♪

 

www.sakatabeika.co.jp

 

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。

 

 

言葉は人を殺しもするし、生かしもするって話

こんにちは。

 

バックパッカーライターのMiiです。

今日はなぜか自分の過去を振り返ってみた話。

 

昔、私は自分のことがとても嫌いだった。もともと色黒なのがコンプレックスで、それが原因で中学の頃は男子にもよくいじめられて(からかわれて?)いた。

 

加えて目が悪いくせにメガネをしてなかったから、いつも目を細めていたし、目つきは相当悪かったでしょうね。

 

特に得意なものがあるわけでもない。自分には全く自信が持てなかった。

 

友だちはいたけど個人的なつながりが多くて、女のコにありがちなグループ行動はきわめて苦手。そんな中ではいつも浮いてると感じてたし、あえて避けてた。

 

それはオトナになった今でも変わりなく、グループ付き合いをしている友人はいない。全部個人とのつながり。

 

今でも忘れられない一言。

中学の三者面談で、担任が母に言った言葉。

「娘さんは暗いですね。」

 

自分に自信がないとはいえ友だちも何人かいたし、暗いつもりはなかったから、その言葉はとても胸に突き刺さった。しかもそれを母に言ったというのが、よけいショックだった。..なんでそんなこと言うんだろう?

 

私はそんなに自己主張が強くはなかったから、表面ではみんなに合わせることが多かった。親にもほとんど反抗した覚えはない。(いや、母が言うにはけっこう反抗期もあったらしいけど。)

 

あとで思えば私は「いい子」をずっと演じてきてたと思う。自己保身??自分に自信がなかったことの裏返しだったのかもしれない。

 

高校の頃、好きだったおじいちゃん先生(今思えばそんなにおじいちゃんではなかったのかも?)がいた。書道を教えていたその先生が学校を辞めるときに、一筆お願いしたら書いてくれた言葉が「その笑顔を大切に」だった。

 

それは私にとって意外すぎるオドロキの言葉。笑顔を褒められたことなんてない!なにしろ中学では先生に「暗い」って言われたんだから。でもすごく嬉しかった。

 

大学で山形から関東にでてきて、4年間学生生活を送る中で、いかに自分が今まで狭い中で生きてきたかをヒシヒシと感じた。

 

田舎と都会ではそもそも生活基盤が違うから、例えば電車と車に対してとか、いろんな部分で考え方、捉え方が違う。カルチャーショック!

 

友だちはみんなオトナに見えたし、自分がすごく世間知らずで、上滑りな知識しかなく、空っぽな人間に感じた。 

 

卒業後はそのまま関東で仕事をしたけど、自分の人生を本当の意味で生きるようになったと思うのは、ニュージーランドへのワーキングホリデーと、その後の半年間のヨーロッパ放浪旅がキッカケだった。

 

これについては、話し始めれば何時間でも語ってしまうほどなので省くけれど、この1年半の旅の中で、いろんな国の人や文化や価値観に触れたことが、その後の自分の人生の方向性を決めたと思ってる。

 

旅の途中は、その土地の人との出会いに加えて、いろんな国から来たバックパッカーとの出会いもある。

 

ある時、知り合った欧米のバックパッカーから言われた。「Miiはいい色に焼けていてステキだね!」

 

自分の一番嫌いな部分だったから、「私はもともと地黒なの。旅でさらに焼けちゃった..。私はこれが嫌いでコンプレックスなんだ。」って言ったら、「え、なんで?健康的でとってもいい色だよ!ぼくなんて焼きたいと思っても赤くなっちゃうし、 Miiがうらやましいよ!」

 

この一言を聞いて悟った。

 

私は今までせまい価値観に縛られてただけだった!

 

日本は色白信仰がかなり強い国だ。わたしも色白で女のコらしい子にずっと憧れてたし、結果自分に自信が持てないでいたけれど、そんなのは単なる日本での価値観。それが全てじゃない。

 

それが分かったら、なんだかそんな小さなコトに縛られてた自分が急にバカバカしくなった。

 

なんだ、自分は自分だ。自分以外の何者でもない。誰かが勝手に作った価値観に振り回されるなんて、愚の骨頂。自分の価値観で生きればいいじゃないか。

 

その後、今に至るまでわりと自由に生きている。

 

私は今が一番楽しい。

 

 

長いのに、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

よかったらさらに他の記事ものぞいてみてくださいね(笑)。

 

 

 

すごい旅人求人サイト『SAGOJO(サゴジョー)』×奈良県吉野町のコラボイベントに参加した話

こんにちは。

 

バックパッカーライターのMiiです。

先日すごい旅人求人サイト『SAGOJO(サゴジョー)』奈良県吉野町と企画したイベントに参加してきました。

 

みなさん、SAGOJOって知っていますか?旅好きの方ならご存知かもしれませんね。

 

SAGOJOは、旅人ならではの切り口を仕事に繋げてしまおうというサイト。私は”元”旅人だけど、今でも旅とは繋がってたい(気分はいつでも旅人)ので、SAGOJOさんの仕事もできたらいいな〜という野望を胸に登録してます^_^

 

今回の企画、直前に知ってなんだかおもしろそうだったので急きょ申し込み♪

 

場所は都内日本橋の奈良のアンテナショップ「奈良まほろば館」。以前立ち寄ったことはあったけど、単に特産品やお土産を買えるだけじゃなく、こういうイベントもできちゃうんですね〜^_^

 

夕方6:30から9:00までなので、子どもたちには夕飯作って「なるべく早く帰ってくるから!!!」と言い残して出かけました(^◇^;)。

 

予定では

 

6:30-7:30 懇親会

7:30-9:00ワークショップなど

 

 

このイベントの趣旨は、奈良県吉野町を盛り上げていくためのアイデアを旅人(ソトモノ)目線で出し合おう!というもの。

 

吉野の名物「柿の葉寿司」や地酒も用意してありました!

初めからいきなり懇親会とのことで、みんな柿の葉寿司とお酒をちょいちょいつまみ、しばらくたつと知らない者同士とは思えない和みっぷりです。

 

今まで全く知らなかった旅行業界のことも知ることができて、ホントに興味しんしんでした!SAGOJOの代表を務める新さんは、初めてお会いしたけどすごく気さくで素敵な方でした。

 

通常はこんな会がある時は懇親会が後にくるらしいんですが(言われてみればそりゃそうだ。)、今回はちょっとした事情で初めて、先にやることになったんだそうです。

 

でもこれがどうやらよかったみたい。お酒のおかげ?で適度にみんなリラックスして、その後のワークショップではいろんなアイデアがバンバンでてました。

 

ちなみにワークショップでは、

 

⚪︎吉野について学んだり

 

⚪︎いきなり「吉野町ゆるキャラ」を考える課題を出されたり

 

⚪︎旅人(ソトモノ)だから生み出せる価値について学んだり

 

⚪︎それらを元に「柿の葉寿司」を別の切り口でみせる方法をみんなで考えたのでした。

 

みなさん頭が柔軟で、柿の葉寿司ひとつにこーんなにいろんなアイデアが出るもんなんだ!!と驚きの連続!

 

私は頭が固いので、なかなか視点を変えた考えって浮かばなかったんですが、人それぞれの切り口ってあるもんなんですね。

 

こんなふうにたまにいろんな人に会って、いろんな話を聞くっていうのも、自分の視野が広がっていいもんだなあ、って思いました♪

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。

 

 

【茨城まんきつ一日旅④】山の上の隠れ家カフェ

こんにちは。

 

バックパッカーライターのMiiです。

 

【茨城まんきつ一日旅④】です。友人夫婦と私と娘の日帰り4人旅。数回に分けてご紹介してきましたが、今回がメインの最終目的地。

 

ちなみに前回はこちら↓↓↓ 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

実は今回紹介するところは隠れ家的なところで、あんまり大ぴらには公開したくありません。こっそりひっそりと訪れたい場所なんです。茨城県内にある「森羅荘」という、週末限定・完全予約制のカフェとだけ書いておきましょう。ちなみにここへたどり着くには車が不可欠です。

 

山を車で上って行って、カフェに到着したのは2時半頃。敷地内の木がきれいに黄葉していました。今回初めて訪ねたのですが、ここはオーナーさんが家族や知人の助けも借りながら、長年かけて自力で少しずつつくりあげてきたカフェなんだそうです。

敷地内にはなんと手作りのツリーハウスもあります!中に入らせてもらいました。

部屋自体は小さいのですが、視界が開ける大きな窓があり、ストーブが据えられています。窓の向こうにはちょうど色づいた木がみえます。そしてステンドグラスの小さな窓があり・・まさに自分だけの空間。隠れ家というかんじです。

夏や雨の日にここに籠って本を読むのが最高だ、とオーナーさんがおっしゃってました。なんとも贅沢な時間を過ごせそうです!!

 

庭にはいちじくやオリーブなどのいろんな種類の木の他、手作りのファイヤープレイスと

なんとトトロの顔をしたピザ用の石窯まであるんです!!これがまたリアルなんですよ~!そしてこれもみんな手づくり。オーナーさんが設計図からおこしたんだとか!

 

同じ敷地内の母屋がカフェになっています。中はまさに山小屋風!天井も高くて解放感があります。部屋の大きな窓からは、一面緑の山の風景とツリーハウスが見下ろせます。そこで手づくりのスコーンと、お手製の紅茶をいただきました。

たまたまプロのオカリナ奏者さんも居合わせて、なんと数曲オカリナの演奏をしてくださいました。

 

初めてのオカリナ生演奏。娘もいたのでジブリの曲を披露してくれたのですが、優しくて心にしみる音色でした。とくに最後に吹いてくれたもののけ姫は、ちょうど夕暮れ時の外の風景と相まって、なんだかこの瞬間のためにある曲のような気がしたくらい。

 

オカリナもいろんな種類があるんですね。大きさや穴の数などによって、音も全然違うんだそうです。小さいのは音が高いんですね。大きなものは重さ2キロもあるんだそうですよ!

 

ここには街の音は一切ありません。あるのはただゆったりとした季節の移ろいだけ。きっとここにきて、自分の心をリセットして帰ってゆく人は多いんでしょう。

なんだか居心地がよくて、すっかり日が暮れるまでリラックスしてしまいました。外はもう真っ暗です。後ろ髪をひかれながら千葉への帰路につきます。

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。

 

 

【茨城まんきつ一日旅②】「道の駅たまつくり」でなまずバーガー

こんにちは。

 

バックパッカーライターのMiiです。

 

【茨城まんきつ一日旅】②です。千葉を出発した友人夫婦と私、小5の娘の4人旅。日帰りにもかかわらず、あまりにも充実した濃い一日だったので、数回に分けてご紹介します。

 

ちなみに前回はこちら↓↓↓
cmiyumiyu.hateblo.jp

さて今回紹介するのは行方市(なめがたし)にある「道の駅たまつくり」

 

「なめがたファーマーズヴィレッジ」から向かいますが、途中まさかの渋滞!どうやらこの日は「行方ふれあいまつり」の日で、私たちはまさにその会場方面に向かっているらしい。ノロノロ進みながらも、ようやく道の駅たまつくりに到着。

ここはあの有名な霞ケ浦のすぐ畔にあり、遮るもののないゆったりとしたとした風景が広がっています。癒やされます。向こう岸には桟橋のようなものが見えて、近くにいたおじさんが「鯉の養殖場だよ。」と教えてくれました。

この道の駅の産直はすごく充実していて、野菜の数も豊富!しかもかなり安い!

主婦魂に火がついてしまい、買い物かごはブラックホールのようにいろんなものを吸い込んでいきます!恐ろしい(;'∀')。

家まで送ってくれるという友人の言葉に、思わず2カゴ分の産直品を買ってしまった・・。

 

ふだんなかなかお目にかかれない、こんなものもゲットしちゃいましたよ♪行方市産の白魚とわかさぎ。新鮮でしかも安い!

白魚は友人おすすめの品で、なんとお刺身として生で食べられるんです!帰ったあと、さっそくお酒と一緒にいただきましたが、すごくぷりぷり身がしまっていて、イカのような味わいでした。

 

さて買い物のあとは、店内で行方バーガーにトライ!種類は4種類。「こいパックン」「かもパックン」「ぶたパックン」、そして「なめパックン」。

ちなみに「なめパックン」はなまずだそうです。なまずも養殖してるのかな?そして行方ではハンバーガーをパックンと呼ぶんだろか??いろんな謎が浮かびます。

 

鯉や鴨も気になるけど、やっぱりなまずにしよう!けっこうご当地バーガー好き♪

こちらがなめパックンです。具はなまずのミンチを揚げてるのかなあ?ケチャップとマヨネーズと野菜にマッチしてます。バンズもパリッとしてておいしい。娘はこういう時とっても保守的なので、絶対に食べようとはしないけど・・。

 

さてお腹も満たされたところで、次の行き先に急ぎましょ♪

 

次回は【茨城まんきつ一日旅③】へ。

 

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。

 

 

【千葉】全国のご当地グルメを挟んじゃうコッペパンやさん

こんにちは。

 

バックパッカーライターのMiiです。

 

病院へ胃カメラの検査に行ってきました。先日、年に一回の人間ドックでひととおり検査したんですが、胃カメラは手違いで受けられず、再来することになってしまいました。

 

胃カメラは苦手で毎年憂鬱のタネなので、これだけを受けに行くのは気が重くて・・。

 

まあでも、オエオエいいながらもとりあえず無事終わりました。

 

さて、前日の夕飯以降何も飲み食いしてない私。お腹すいた〜!!

 

検査が終わったのが朝9時半。1時間は何も食べたり飲んだりしちゃダメよ、と看護師さんに言われたんだけど、は〜、10時半までの1時間がとてつもなく長い..。

 

でも10時半ってランチタイムには早いし、やってるお店は限られちゃうなあ。駅のパン屋さんのイートインにでも入ろうか・・などと考える。

 

とりあえず松戸行きの新京成の電車に乗り、みのり台という駅で降りて歩いてると、あ、前から気になってたパン屋さん!!

 

「日本列島パン食い協奏♪」

なんでもこのお店は、日本各地のご当地グルメを自家製コッペパンにはさんでくれるパン屋さんなんだそうです。

 

お店も開いてるし、迷わず入っちゃいます。

 

メニューはかなりたくさん!ざっと30数種類?迷ったあげく、”青森の十和田バラ焼き”と”三重の津ぎょうざ”を選んでみる。

店内にテーブルはないけど、駅にありそうなベンチがあって、そこで食べられるようになってます。コーヒーも無料で飲めるのはうれしい♪

 

駅員さんの制服もあって、子どもがそれを着て駅員さんになりきれるらしいです。

 

さてこちら、”青森の十和田バラ焼き”。

ひとことで言えば、豚丼コッペパンバージョン。バラ焼き自体が優しい味で、とても食べやすい。このコッペパン、お店で作っているそうですが、すごくふわふわであまり主張しないかんじなので、何にでも合わせられちゃうのかも。

 

三重の津ぎょうざ

おお!津は揚げ餃子が有名なんですか?あんまり知らないまま注文しちゃいましたが、タレとマヨネーズのほか、ラー油も入って中華っぽいお味。

 

ベンチで食べてると、なんだかほんとに旅先の駅のホームで食べてる気がして不思議!

 

パン自体がとてもおいしかったんですが、味の強い具だとそれが消されちゃって、ちょっともったいなかったかな。今度はコッペパンの味を活かせるような具を選んでみよう。

 

このお店と同じ並びに別のおいしいパン屋さんがあるんですが、こんな風に他にはないオリジナルカラーを前面に出してるのは、差別化になっていいですね。パンの具で日本全国を旅してる気分になれるなんて楽しいし、なにより発想がおもしろいです☆

 

pankui-japan.com

 

それにしても...空腹状態に焼肉系&ラー油付きの揚げ餃子を入れちゃったからかな...うう、ちょっと胃がきりきり痛い(^◇^;)。辛口のラー油はやめればよかった・・。

 

【茨城まんきつ一日旅①】おいもを楽しむなら「なめがたファーマーズヴィレッジ」

こんにちは。

 

バックパッカーライターのMiiです。

 

最近忙しい日が続いたので、久々に自然と癒しを求めて一日旅にいってきました。行き先は茨城!筑波山くらいしか行ったことないので、はっきりいって未知の世界です。

 

長い付き合いの友人夫婦に車で拾ってもらい、小5の娘と私の計4人。千葉を出発!

 

今回誘ったのは私ですが、すっかり乗り気になってくれた友人が旅の計画を全部たててくれ、すべてお任せ!私と娘は連れてってもらうだけ・・ラクです(笑)。

 

はじめに行ったのは「なめがたファーマーズヴィレッジ」。何やらここは、さつまいもをいろんな意味で楽しめる場所なんだそうで、営業開始の10時前なのに、すでに駐車場はかなり一杯・・と思いきや、片方の駐車場はかわいらしいMINIの団体で埋め尽くされていました!

 

かわいくて思わず写真を撮ってしまった・・!MINIの会でみんな集まったらしい。

ちょうど秋のお出かけ日和で、コスモスもきれいです。

・・おっと!ツリーハウス発見!!

思わず走り出す4人!そばにはかわいいブランコも並んでて、もちろんツリーハウスにもみんな上る!おお、開放的で気持ちも上がります!

なかなか素敵じゃあないですか!

どうやら敷地内では泊ることもできるみたい。上の方にはコンテナのような宿泊施設があって、そばには農園が広がっています。ここでは自然を満喫できるファームグランピングという体験ができて、畑から収穫した野菜をそのまま楽しんだり、BBQをすることができるそうです!これは一度ぜひ来てみたい♪

季節外れのあさがおも咲いていてびっくり!塩害のせいなんでしょうか・・?

スタッフさんによると今、宿泊ができるツリーハウスをつくっているところだそうですよ!

 

さてそれではなめがたファーマーズヴィレッジへ。(というか、ツリーハウスもその一部だったらしい。)

ここはもともと小学校だったんですね。今日のお目当ては焼きたてポテトアップルパイ友人はこれを買うため、2週間前にもここに来たそうです。それくらいおいしいらしい!

家へのお土産無事にゲット!

 

店内はいろんなさつまいも製品で埋め尽くされていて、いも好きにはたまらない場所です!まだ開店直後なのにたくさんの人が来てました。

ここは地元行方(なめがた)の食材を使ったレストランがあったり、「やきいもファクトリーミュージアム」でやきいもについて楽しく学んだり、野菜やフルーツを収穫したりといろんな体験ができる場所。きっと一日楽しめますよ♪

 

TOPページ|茨城の体験型農業テーマパーク なめがたファーマーズヴィレッジ

 

この日は盛りだくさんの1日だったので、この続きはまた次回に・・。

 

あ、ポテトアップルパイの報告だけ先にしておきましょう。

 

この日の夜、さっそく家族で食べたポテトアップルパイ。りんごと一緒に、スライスしたさつまいもが入ってるのかな~と勝手に思っていましたが、意外や意外。中はマッシュしたさつまいもでした。滑らかな口当たりで、ほんのりりんごの酸味が効いている優しいお味。友人の言う通り、また食べたくなるアップルパイでしたよ♪

 

次回は【茨城まんきつ一日旅②】に続く。

 

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったらぜひ他の記事ものぞいてみてくださいね。