わたしいろ人生 〜元バックパッカー主婦Miiの日記

母になってからも楽しいことだいすき♪ライターのお仕事を始めました。ブログでは主に旅、本、日常について発信中。

帰省や旅行に出発する前にやっておきたい9つのこと

こんにちは。

 

バックパッカー主婦のMiiです。

あと少しでお盆休み。帰省や旅行の本格的なシーズンに入りますね。

 

少し早いですが、Miiも今週には山形の実家に帰省予定です。主人の仕事の休みの都合と、ラッシュを避けたいということで、大体いつも帰省はお盆の1~2週間前にすることが多いです。

 

直前まで仕事のことも多いので、いつも出発前はバタバタしがち。家族分の荷物をまとめるのはもちろんですが、それ以外にもこまごまと、あれやらなきゃこれやらなきゃ、というものが出てきます。

 

そこで今回は、来週の帰省に向けてのMii自身への備忘録の意味も込めて、帰省前にやっておきたいことをまとめてみました♪

 

皆さんすでに当たり前にやっているものも多いと思いますが、参考になるところがあればうれしいです。

 

1.留守中の新聞配達をとめてもらう

家族で数日間留守にする場合、その間の新聞配達はとめてもらうよう連絡します。

 

連絡の際、新聞屋さんからはいない間の分を取り置きしておくかどうか聞かれるのですが、それは断っています。実家で読めますからね。

 

2.生協の配達の注文をストップ

生協に入っていて毎週配達がくる人は、事前に留守中の配達をストップする手続きをとりましょう。

 

わが家はふだんから注文自体を忘れてしまって、 〆切が過ぎてから、あ!ということが多いので、毎日使う牛乳や卵、コーヒーなどは毎週配達するものとして登録してしまっています。

 

これはとっても便利なシステムですが、長期の帰省や旅行の時には注意が必要!ヘタすると留守中の自宅の玄関先に配達品が放置されることになりかねないからです。

 

配達される日はいるけど、その後長期の帰省や旅行で家を空ける、あるいは配達日にはすでに帰省中で受け取れない、ということであれば、その注文は前もってストップしておかないと悲しい結果になりますのでご注意を・・。

 

3.インターネット予約をした新幹線のきっぷを受けとる

以前、お得にきっぷを予約することができるJR東日本えきねっとというサイトについて書いたことがあります。

  

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

わが家は今回、車での帰省なのですが、主人は仕事の都合で1泊しかできないため、主人の帰りの新幹線のきっぷだけは予約したのです。

 

ちなみに今回は新庄(山形)→大宮(埼玉)の片道きっぷで、トクだ値30というプランが適用されたので、通常¥12,460のところ、¥8,710で指定席を予約することができました♪

 

さてこのきっぷは、今の時点では予約されているだけなので、駅で事前にきっぷを受けとる必要があります。

 

ただ、前のブログでも書いたのですが、きっぷを受けとってしまうと変更や払い戻しができなくなるので、受けとりは出発の2~3日前くらいまで待った方がいいのかな、というのが私の個人的な考えですかね。

 

4.荷物の準備

ふだんから着ている服も荷物に詰めこむことを考えると、どうしても直前の準備になってしまうんですよね。事前に準備しておけるものに関しては1か所にまとめておいて、いつでも詰められるようにしておきます。

 

また、忘れちゃいけない!というものは極力スマホにメモするように・・。

 

5.冷蔵庫の中身を使い切る

出発する数日前から、できる限り生鮮ものを中心に使っていきます。

 

日持ちする玉ねぎやジャガイモなどは、もし使いきれなかった場合でも何とかなりますが、乳製品などは残していきたくはありません。極力、冷蔵庫の中身はからっぽにしたい!

 

きのこやキャベツ、油揚げなどであれば、小分けあるいはカットして冷凍していくというのもいいと思います。自宅に帰ってきた後にすぐ使えるという点でも便利!

 

6.お土産を買う

これも賞味期限のことなど考えると、どうしても直前になりがち。電車や飛行機であれば駅や空港でも買えますが、手荷物が多くなってしまうので、Miiはいつも直前に自分たちの荷物と一緒に宅配便で送ってしまうことが多いです。

 

また帰省シーズンになると、おみやげを買う店によっては、お買い上げ¥〇〇以上は配達送料無料、ということもあるので、チェックしてみるといいと思います♪

 

7.事前にお土産と荷物は送る(新幹線などの場合)

前の項で書きましたが、新幹線で帰省する場合はお土産と荷物は先に送ってしまいます。

 

新幹線の乗車駅までは乗り換えもあるので、なるべく荷物は減らして身軽に移動したい!まあ、若いときなら大して気にしなかったことでしょうけど(笑)。

 

ただし、今回については、車なので荷物とお土産は全部積んでいきます。

 

8.お菓子や飲み物などを買っておく

Miiの実家は遠いので、とにかく帰り着くまで時間がかかります。途中気分転換(?)にお菓子や飲み物、パンなどは欠かせません。

 

サービスエリアなどで休憩やランチがてら買いこむこともできますが、できるだけスムーズに移動できるように、ある程度は事前にスーパーで買いこんでおきます。そのほうがリーズナブルですしね。

 

ただしサービスエリアなどで駐車中の車内は、思いのほか室温が高くなるので、当日は保冷バッグに入れていくのがおすすめです☆飲み物は凍らせていくのがいいかも!

 

9.冷凍食品、めん類などをストックしておく

旅行や帰省先から自宅に戻ってくると、ほっとすると同時にどっと疲れも出てきます。

 

荷物をほどいたり洗濯したりと、やることも盛りだくさん(◎_◎;)ましてや料理なんてまともにする気力は残ってません。

 

外食するのが一番簡単だけど、旅行や帰省でかなり出費したことを考えると、できるだけ抑えられるところは抑えたいですよね。また、一度腰を落ち着けたあとに、わざわざおそうざいなどを買いに行くのも面倒。

 

そこで帰省や旅行に出発する前に、ストックできる食品をあらかじめ用意しておくと便利です。めん類や冷凍食品など、自宅に戻ってきた日と翌朝分くらいまでの食事をカバーできれば十分だと思います。

 

また、出発前にミートソースやカレーなどを多めに作って冷凍していくのもおすすめです♪

 

以上、帰省や旅行前にやっておきたいことをピックアップしてみましたがいかがでしたか?少しでもお役に立つところがあればうれしいです。

 

 

☆おまけ☆ 

トリップノートに最新の旅行記事が掲載されました♪

 

今回の記事では都内にあるアンテナショップを5店ご紹介しています。各店で食べることのできるご当地フードと、地元出身者がおしえるローカルなお菓子をピックアップしました!

↓↓↓

https://tripnote.jp/ginza-yurakucho/antenna-shop-osusume

 

どれも地元で愛されてきたおすすめのものばかりです。ぜひチェックしてみてくださいね

 

ちなみに以前Miiブログでは、アンテナショップでゲットできる山形土産や、ちょっと不思議なローカルフードもご紹介しています♪ ↓↓↓ 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

それでは皆さん、楽しい夏休みを!