元バックパッカーライターにじねこMiiの人生を旅するブログ

旅や地域の魅力を発信するライターです。母になってからも好奇心は旺盛!いつもアンテナ張り巡らせて楽しいこと探してます。おもしろいモノ、おすすめのスポットをブログで発信中♪

【時短料理】これは便利!食材かんたん応用術

今や【時短】というキーワードは当たり前の時代。料理もその例外ではありません。そこで今回は、毎日の料理の負担を少しでもラクにできるよう、「【時短料理】食材かんたん応用術 」をまとめてみました。

 

多い量でも少ない量でも、料理を作る手間は一緒。それならば多めに作って、いろんな料理に応用してみませんか?

 

<ミートソース>

ミートソーススパゲッティ、ドリア、グラタン、オムレツの上にかける

 

<茹で鶏>

  • 手でほぐし、茹で野菜や生野菜の上にのせ、お好みのドレッシングで和える
  • 玉ねぎなどとマヨネーズで和え、パンに挟んでチキンパン
  • ポテトサラダの具にする(柚子胡椒との相性抜群!)
  • 茹で鶏のスープと一緒に炊き込みご飯の具にする
  • 茹で鶏の表面に塩コショウ、片栗粉をまぶし軽く焼く。スライスしてタレ(麺つゆ+ポン酢+ごま油)をかける

 

<茹で鶏のスープ>*具はお好みで。

  • シンプルに味は塩のみ
  • 牛乳を入れてミルクスープ
  • 塩コショウ、酒、しょうゆ、ごま油で味付け→片栗粉でとろみをつけて溶き卵を流して中華スープ1
  • 塩コショウ、酒、ごま油、ホールコーン、かにかま→片栗粉でとろみをつけて溶き卵を流して中華スープ2
  • 味噌汁のだしとして使う
  • 炊き込みご飯を炊くときに使う(肉系がない場合でも鶏スープで炊くことでおいしい炊き込みご飯ができる)
  • 煮物のだし汁として使う

 

<茹で鶏の皮>

  • 皮好きならそのまま塩を振ってグリルでカリッと焼く
  • 皮を刻んで炒め、茹で鶏のスープも入れて、切干大根、ひじき、高野豆腐などに利用(コクが出るので、味がしみ込むようなものに使うとおいしい)

 

<ゆでじゃが>

ポテトサラダ、じゃがバタ、崩してスープに入れる、ホットケーキに混ぜる、スパニッシュオムレツ

 

<ひき肉のそぼろ>

三色そぼろごはん、オムレツの具、かぼちゃのそぼろ煮、ナスとひき肉のみそ炒め、麻婆豆腐や麻婆ナスに利用

 

<ハンバーグの具>

ハンバーグ、ピーマンの肉詰め、肉だんご、ロールキャベツの具、パウンドケーキ型に入れて焼き、ミートローフ風

<ゆで野菜>

ゆで野菜のサラダ、ごま和え、ポン酢+おかか和え

 

<鶏肉+野菜>

鶏肉と野菜(じゃがいも、人参、大根、きのこ、ごぼう、れんこんなど)を炒め、途中まで煮る→取り分けて、数種類の料理に作り分ける(例えば煮物・シチュー・カレーなど)

「【時短料理】食材かんたん応用術 」、いかがでしたか?もし使いきれないほどの量であれば、私はすぐに冷凍してしまいます。(というか、私は冷凍を前提にあえて多く作ることが多いです。)その際、茹で鶏は、スープに入れた状態で冷凍してくださいね。また野菜ものは食感が変わるので、個人的に冷凍はあまりおすすめしません。私は仕事の日はお弁当を持参しているので、こういう食材があると、何もない時にとても重宝します。

 

読んでいただきありがとうございます。少しでも毎日の時短料理のヒントになればうれしいです。

 

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。