わたしいろ人生 〜元バックパッカーライターMiiの日記

母になってからも楽しいことだいすき♪ライターのお仕事を始めました。ブログでは主に旅、本、日常について発信中。

衝撃!「オランダせんべい」は北海道にもあった!!(゚o゚;;

こんにちは。

 

バックパッカーライターのMiiです。

 

このブログの中で以前登場したわが地元山形のソウルフードオランダせんべい」。覚えておいででしょうか?

 

知らない方はぜひ読んでみてください↓↓↓ 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

オランダせんべいは地元酒田で作られている、ごく普通のうす焼きせんべいではありますが、小さい頃からなじみのある味。ずっと東北限定で販売されているんだそうで(銀座のアンテナショップでも買えますが。)地元ではおそらくだれ一人知らない者はいないでしょう。

 

まずは長年愛されている理由を考えてみました。

  1. お手頃価格である
  2. 米本来の味を生かした、シンプルながらも飽きのこない味
  3. 大きさも小さめで薄く、食べやすい
  4. そのインパクトのあるネーミング
  5. 一度見たら忘れられないレトロなパッケージ

1・・これはとっても大事ですよね~。地元で長く愛されるための必須条件だと思います。ちなみにスーパーでよくみかける基本形はこのタイプ。現在の価格は150円です。

 

2・・オランダせんべいはサラダ味(つまり塩味)なんですが、地元の庄内米を100%使っていて、塩加減もまた絶妙なんですよ。なんでも塩振りは熟練の手でやっているんだとか‥?

 

3・・小さめのうす焼きで食べやすいので、ついつい何枚もいっちゃうんですね~。一袋なんてあっという間!

 

4と5・・私には小さいころから慣れ親しんだ名前とデザインですが、きっと知らない人にはインパクトがあるんじゃないでしょうか・・?

 

よくある質問。山形なのになんでオランダ??

 

・・これは庄内の方言で「私たち」のことを「おらだ」と呼ぶことから、「おらだが丹精込めて作った庄内米を使い、おらだの手によってつくられた、おらだのおせんべい」という意味を込めて「オランダせんべい」と名付けられたんだそうです。

 

ちなみにパッケージにある女のコの名前は「オランダちゃん」です。まんまですね(;'∀')。

 

ウチの主人も子どもたちもオランダせんべいが大好きなので、帰省の時には必ず買って帰るお土産の一つ。今年の夏はスーパーで箱買いしました(笑)。地元にいた時は何とも思ってなかったけど、実家を離れてからはときどき無性に食べたくなる故郷の味です。

 

今はお土産用のちょっとシャレたレトロパッケージのオランダせんべいも出てるけど(↓↓↓)なんかちょっとちがうね・・。無理しておしゃれしてる感じかな。オランダせんべいはやっぱり素朴なままがいいですよ。

 

・・って、今日の本題はここじゃなかった('◇')ゞ

 

 

きのう何気なくネットで調べていたらですね。なんと!北海道にも「オランダせんべい」があることが判明!これは衝撃の事実・・(◎_◎;)いや、こんな名前のせんべいは山形の オランダせんべいくらいだろうと勝手に思っていたので・・。失礼。

 

 

なんでも、北海道の根室にある「端谷菓子店(はしやかしてん)」で作られている根室銘菓なんだそうです。

 

HPをみるとこんな文章が書いてあります。

オランダせんべいの思い出

子供のころよく食べたあの甘い味

しっとりとやわらかい

とても不思議な味

ちぎって食べてまた食べて

ついつい二枚、三枚と

ねむろを語ると必ず

オランダせんべい

お話が出てきます

あの懐かしい味は今もまもり続けています

olandasenbei.com

 

写真をみるとワッフルみたいにでこぼこですが、おせんべいなの??

こちらもやっぱり、地元を離れた人にとってはなつかしい故郷の味、という感じのようですね。どんな味かすご~く気になります。

 

ちなみにこちらのオランダせんべいのルーツは長崎にあるようです。

 

江戸時代に外国船が出入りし、オランダ商館も置かれていた長崎の平戸に伝わったのが「オランダ煎餅」。これが平戸に広まります。

 

その後、海上を行き来していた北前船によって平戸から根室にも伝えられ、根室でも作られるようになったらしいのです。(考えてみると江戸時代、酒田も北前船の寄港地でした。偶然かしらね?)

 

平戸には現在も「オランダ煎餅」と「おらんだ焼」というお菓子があり、でこぼこの独特な模様が「オランダ人の靴あとをイメージしている」と言い伝えられているんだとか。

 

まあ、他にも説はあるみたいですが、お菓子一つにこんな歴史が隠されているなんておもしろいですよね!食べてみたくなっちゃったなあ・・。アンテナショップに行けば買えるかな?同じ名前のお菓子をめぐる旅というのも楽しそうですね夢が広がります。

 

根室、あるいは長崎のオランダせんべい、どなたか知ってる方がいたらぜひお知らせください♪

 

www.sakatabeika.co.jp

 

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。

 

 

野菜たっぷりチキンスープは作っておくと超便利!

こんにちは。

 

バックパッカーライターのMiiです。

 

先日、ブログで野菜たっぷりのチキンスープを作った話をしました。

 

実はこのスープ、一度作ると使い回しが効いてすご〜く便利なんです♪しかも、いいだしが出てるし、野菜もたっぷり摂れるしね。

 

先日作った時は、シンプルに塩胡椒だけの味付けにしました。

 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

 

そしてその翌日のお昼。中華風にアレンジ!

 

【中華風スープ】

ベースのスープに風味づけ程度にしょうゆと酒を入れ、一煮だちしたら片栗粉で軽くトロミをつけて、溶き卵、刻みネギ、ごま油を加える。

 

焼きおにぎりと崎陽軒のシウマイと一緒にいただきました。

 

 

そして夜。

 

【シチュー】

説明するまでもありません。シチューのルーを入れるだけ\(^o^)/

炊き込みご飯(ここはなぜか”和”)とフライドポテトと一緒に食べました^_^

 

私は料理は好きなんですが、年々忙しくなってることもあり、毎度毎度食事を作ることはあんまりしません。できるだけ、一度にたくさん作って、その後も使えるようにしています。

 

カレーやチャーシューなどは大量に作って、冷凍。カレーを作るときの玉ねぎも時間をかけてじっくり炒めますが、7,8個くらい大量に炒め、使わない分は小分けにして冷凍。すると次回のカレーやスープ作りに使えてラクなんです。

 

今回のスープは使い回す前提で、チキンと根菜をたっぷり入れて大量に作りました。子どもたちもけっこう食べるし、すぐなくなるので。

 

シンプルな味つけ(この場合は塩胡椒だけ。)にすると、その後いろいろアレンジができます。

 

中華風やシチューだけでなく、それこそカレールーをいれたり、しょうゆ味だったり、牛乳を入れてミルクスープ、味噌汁など・・。

 

その際、気をつけるのは

  1. アレンジする時は、ベースの鍋から別鍋に取り分けて作る。(ベースに何度も火を入れない。)
  2. あとでルーや味噌などを入れる場合、味が濃くなるのでできるだけベースは薄味にする。もしくは何も味を付けず、その都度味付けする。

 

もし具沢山だったら、スープとしてだけでなく、途中で具を取り出して別鍋で煮物にしちゃってもいいと思います。これで2品できちゃうし♪

 

こういうのを考えるのも、けっこう楽しい^_^

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。

 

 

 

自宅仕事=自由な働き方か?

こんにちは。

 

バックパッカーライターのMiiです。

最近パートとライターの両方をやっていることは、少し前のブログで書きました。

 

パートが休みの日は、家にこもりパソコンに向かって原稿を書くことが多くなってきた今日この頃。そんな中、自宅で仕事をすることの大変さを、最近感じるようになりました。

 

よく、フリーランスになったり独立開業という話になると出てくるのが、”わざわざ通勤しなくてもよい”とか”時間に縛られずに働ける”という言葉です。ひとことでいえば、”自分の采配で自由に働ける”ということなんでしょう。

 

独立するのに、事務所などを構えるなら別だと思いますが、いわゆる自宅で仕事をする場合、受けた仕事を計画的に効率よく進めるには、かなり強い意志が必要だなあということが、ここ最近分かってきました。(特に主婦には。)

 

パートと自宅仕事の違い
【パートの日】

出勤時間があり、退社時間があるので、オンオフがはっきりしています。会社に行ってデスクの前に座れば自然と仕事モードになる。また、家に仕事を持ち帰ることもありません。

 

【自宅仕事の日】

もっぱら休みの日は家で原稿書き。子どもたちを学校に送り出した後に、「よし、やるぞ!!」と思った瞬間、いろんなものが目につきはじめます‥。

 

原稿書きをジャマするもの
  1. 洗面所にある山積みの洗濯物と、たたんで欲しいと訴える洗濯物
  2. 洗われるのを待ってる食器たち
  3. 廊下にあるふわふわのほこり
  4. 外が快晴の日、干されるのを待ってる布団たち
  5. その他もろもろ

まあ掃除と布団は多少は目をつぶるにしても(いや、だいぶ目をつぶってるか(;'∀')。)洗濯や食器はそうはいかない。(後でしわ寄せが来るのは結局自分。)しょうがない、これをまずやっつけてから!と取り掛かるも、結局いろいろやり始め、ようやく一段落するころにはとりあえずホッと休みたくなるのがヒトってもの。おやつだって食べちゃう

 

ようやく原稿に取り掛かると、今度は何時間も集中しすぎ、おんなじ姿勢でパソコンに向かってるのであちこちに異常が・・!

 

自宅仕事でみられる、最近の明らかな変化
  1. 肩と背中がバリバリ

  2. 目がかすむ

  3. 体重が増えた

  4. かなり引きこもってる

  5. オンオフがなく、時間のメリハリがない
  6. パソコンやスマホを触る時間がぐんと多くなり、子どもに「スマホばっかりいじらなーい!!」といえなくなってきた 
  7. 子どもたちにかまう機会が少なくなった                              

加えて、私は一つ一つの原稿に時間がかかるので、効率悪いことこの上ない。いつの間にか時間は経ち、子どもたちが帰ってきてテレビだのゲームだのの雑音が聞こえてくる。そしてあっという間に夕飯の時間・・。

 

今は両方掛け持ちだから、少なくともパートの日には外に1日出るわけだし、完全引きこもりまではいってないけど、これがもし、完全にフリーランスになったとしたら・・恐ろしいΣ(゚д゚lll)。意志弱いから、体重も微増じゃすまないでしょうね‥。

 

【結論】

結局自宅でやるということは通勤先がなく(まあ取材には出ますが。)、勤務時間の区切りもない分、オンオフのメリハリはつけにくいです。

 

主婦ともなると(多少サボリはしても)家のことをまったくやらないわけにはいきません。(見えるから気になっちゃう!)

 

そして、ダラダラしようと思えばいくらでもできちゃう環境でもある。でも締め切り間近になってあせるのも自分なんですよね(~_~;)

 

そう考えると、どこかに出勤することはある意味ラクなんですよ。スイッチを入れられるから。コワーキングスペースというのは、こういう意味でも必要なんでしょうね。

 

自宅仕事=自由な働き方

 

とは限らない!

 

 

じゃあ、自由な働き方と思えるようになるためには

 

  1. 意識して時々は家事は見て見ないふりをする(あえて家族に丸投げ)
  2. 意識して個室で仕事する(リビングじゃなく)
  3. 意識して身体を動かす(少なともたまには立ち上がってうろうろする)
  4. 意識して外にも用事を作る(たまにはママランチもよい)
  5. 意識して仕事時間を区切る(キリのいいとこまで、と思わない。キリのいいとこなんてなかなかこないから(;'∀'))
  6. 意識してパソコンだけでなく、子どもたちもいじる(ストレス発散にもサイコー)

 

うーん、要は自分を律する強い意志が必要である。

 

 

・・って、ブログ書いてないで早く原稿書け!って話ですね、はい。

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。

 

とっておきの簡単フライドポテト

こんにちは。

 

バックパッカーライターのMiiです。

 

娘がフライドポテトを食べたい!というので、久々に作ってみました。

 

我が家では、普段マックなどに行くことがほとんどないので(多分子どもたちは行きたいのでしょうが),その欲求を満たすべく、たま〜に家でフライドポテトやらハンバーガーを作ることがあります。

 

我が家のフライドポテトは皮つきなので、めんどうな皮むきの手間がありません。(ただし、芽は毒なのでちゃんととりますよ。)これが新じゃがだと、香りもよくてサイコーなんですけどね。

 

ゴシゴシ洗って、くし形に切って、よ〜く水気を拭き取るだけ!(ちゃんと水分とらないと、油の中でバチバチはねます。)

 

  1. フライパンにくし形に切ったじゃがいもを並べます。
  2. 油をひたひたになるくらい注ぐ。(たっぷりじゃなくてOK。)

  3. ここで初めて、コンロの火をつける。(弱火)。
  4. 油が温まってくると、じゃがいもが半透明になってきます。油をたくさんは入れてないので、じゃがいもの底が少しフライパンにくっつきますが、意識して動かしてあげて、全体が油に浸るようにしましょう。

  5. 油が少しフツフツしてきたら、今度は強火にします。一気に加熱して、表面がほんのりきつね色になって、中まで火が通ったら出来上がり♪(この時、かなり油の温度が上がるので、気をつけて!!)

  6. 油をきったあと、くるりと巻いた新聞紙の中にアツアツのうちにザザッといれ、シャカシャカと振って紙に油を吸わせます。(まあ、気休めかも・・ですが(^◇^;))。好みの量の塩を振り、さらにシャカシャカ!

  7. あとはお皿に盛るだけ♪お好みでケチャップをどうぞ♡

アッツアツのホクホクをつまむのはしあわせですよ〜!ビールにもサイコーです。子どもたちに負けじと食べてしまいます・・いや、よくないよね(^◇^;)。

 

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。

息子の塾のありえない話

こんにちは。

 

バックパッカーライターのMiiです。

 

今日はきのう中学生の息子から聞いた、塾のドン引き話。ショッキングすぎて書かずにはいられない。

 

息子は今年の夏から週2で塾に行ってます。友だちに誘われて、自分から行くと言い出しました。

 

きのうもその塾の日だったんだけど、いつもより少し遅いお帰り。そしてなんだか、ちょっと様子が変だな、と思ったので、息子の話を聞いてみると、

 

授業後に校長先生(まだ若いのだけど、ものすごく人当たりは良い。)に声かけられて、スマホから、友だちに塾の勧誘のLINEを送らされたというではないか!!しかもその場で!なんじゃそりゃ??

 

最近、塾が友だち紹介に力を入れてて、息子も2人くらいに声をかけたのは知ってた。まあ、これから冬期講習の時期だし、新しい生徒に入ってもらうチャンスなんでしょう。

 

だから「塾に興味ありそうな子がいたら誘ってね〜!」っていうくらいは分かる。でもきのうのはさすがにおかしくない?子どものLINEにまで立ち入って、しかも目の前で送らせるなんて!

 

これって、他の子にもやってることなのか?と思い、同じ塾に行ってる他の子のママ2人にも聞いたところ、 子どもたちはやっぱりけっこうしつこく「だれか友だちで誘える子いない?」って校長に言われてることが判明。しかもそのうちの1人は、わが息子と同じく、先生の目の前でLINE送らされたんだって。

 

どちらのママ友も「このことは今まで知らなかった!」と言って、みんなで「あり得ない!」と憤慨。子どもは営業ツールじゃないから!

 

息子はプライバシーに立ち入られて、すごく嫌な気持ちになったと言っている。(けっこう繊細なのね、と再認識。)それにそのことがきっかけで友だち関係にヒビが入ることだってあるわけで、そんなとこにズカズカと立ち入って欲しくない。

 

息子に、これに対してどうしたいか聞いたら、本人はこの塾で今まで楽しく授業受けてきたし、現に成績も上がったしなあ...、と。でも明らかにこの出来事で先生に対して嫌悪感も感じてる様子。私が「塾に一言電話入れようか?」って言ったら、それでこの後気まずくなるのは嫌だという。まあ、それもそうだよね。

 

手厚くフォローしてくれるし、私も息子もいい塾だと信頼してただけに、ものすごく残念。完全に信用ダダ下がりです。他の先生が一生懸命授業やってくれてるのに、校長自ら、評判落としてどーする。

 

このままじゃ、この校長多分また同じことやってくるな..。

 

今後どうするか?

 

本人がこの塾をやめるといえば迷わずやめさせるんだけど(でも娘も同じ塾なのでやっかい..)、とりあえず他のママの話も参考にした対策は

 

スマホは持っていかない。もしくは持っていっても持ってきてないと言う。

 

②授業後はすぐさま帰り支度をして、話しかけるスキを与えない。

(←今聞いたら、この手は使えないらしい。息子の場合、授業の途中で一回呼ばれて、帰りにももう一回話したいから、って念押しされるって(^◇^;)。さすが頭いい。いや、褒めてはないけど。)

 

③「もうみんな塾に行ってるので、声かけられる友だちはいません!」と、はっきりいう。

(←息子は「いやいや、そんなことないよ。誰かいるでしょー!」って言われるんだって!!あり得ないΣ(゚д゚lll))

 

④もうこれは、塾の本部?に直接クレームを入れる。

 

 

息子は今ドン引き状態で、塾に行きたくないって言い始めてる。こんな理由で塾に行くのがイヤになるなんて、ホントに本末転倒です。

 

紹介、成約で図書券2000円分もらえるらしいけど、もはやそういう次元のことじゃないよね。

 

塾に行くお子さんがいらっしゃる皆さん、お気をつけ下さいませ。

 

 

言葉は人を殺しもするし、生かしもするって話

こんにちは。

 

バックパッカーライターのMiiです。

今日はなぜか自分の過去を振り返ってみた話。

 

昔、私は自分のことがとても嫌いだった。もともと色黒なのがコンプレックスで、それが原因で中学の頃は男子にもよくいじめられて(からかわれて?)いた。

 

加えて目が悪いくせにメガネをしてなかったから、いつも目を細めていたし、目つきは相当悪かったでしょうね。

 

特に得意なものがあるわけでもない。自分には全く自信が持てなかった。

 

友だちはいたけど個人的なつながりが多くて、女のコにありがちなグループ行動はきわめて苦手。そんな中ではいつも浮いてると感じてたし、あえて避けてた。

 

それはオトナになった今でも変わりなく、グループ付き合いをしている友人はいない。全部個人とのつながり。

 

今でも忘れられない一言。

中学の三者面談で、担任が母に言った言葉。

「娘さんは暗いですね。」

 

自分に自信がないとはいえ友だちも何人かいたし、暗いつもりはなかったから、その言葉はとても胸に突き刺さった。しかもそれを母に言ったというのが、よけいショックだった。..なんでそんなこと言うんだろう?

 

私はそんなに自己主張が強くはなかったから、表面ではみんなに合わせることが多かった。親にもほとんど反抗した覚えはない。(いや、母が言うにはけっこう反抗期もあったらしいけど。)

 

あとで思えば私は「いい子」をずっと演じてきてたと思う。自己保身??自分に自信がなかったことの裏返しだったのかもしれない。

 

高校の頃、好きだったおじいちゃん先生(今思えばそんなにおじいちゃんではなかったのかも?)がいた。書道を教えていたその先生が学校を辞めるときに、一筆お願いしたら書いてくれた言葉が「その笑顔を大切に」だった。

 

それは私にとって意外すぎるオドロキの言葉。笑顔を褒められたことなんてない!なにしろ中学では先生に「暗い」って言われたんだから。でもすごく嬉しかった。

 

大学で山形から関東にでてきて、4年間学生生活を送る中で、いかに自分が今まで狭い中で生きてきたかをヒシヒシと感じた。

 

田舎と都会ではそもそも生活基盤が違うから、例えば電車と車に対してとか、いろんな部分で考え方、捉え方が違う。カルチャーショック!

 

友だちはみんなオトナに見えたし、自分がすごく世間知らずで、上滑りな知識しかなく、空っぽな人間に感じた。 

 

卒業後はそのまま関東で仕事をしたけど、自分の人生を本当の意味で生きるようになったと思うのは、ニュージーランドへのワーキングホリデーと、その後の半年間のヨーロッパ放浪旅がキッカケだった。

 

これについては、話し始めれば何時間でも語ってしまうほどなので省くけれど、この1年半の旅の中で、いろんな国の人や文化や価値観に触れたことが、その後の自分の人生の方向性を決めたと思ってる。

 

旅の途中は、その土地の人との出会いに加えて、いろんな国から来たバックパッカーとの出会いもある。

 

ある時、知り合った欧米のバックパッカーから言われた。「Miiはいい色に焼けていてステキだね!」

 

自分の一番嫌いな部分だったから、「私はもともと地黒なの。旅でさらに焼けちゃった..。私はこれが嫌いでコンプレックスなんだ。」って言ったら、「え、なんで?健康的でとってもいい色だよ!ぼくなんて焼きたいと思っても赤くなっちゃうし、 Miiがうらやましいよ!」

 

この一言を聞いて悟った。

 

私は今までせまい価値観に縛られてただけだった!

 

日本は色白信仰がかなり強い国だ。わたしも色白で女のコらしい子にずっと憧れてたし、結果自分に自信が持てないでいたけれど、そんなのは単なる日本での価値観。それが全てじゃない。

 

それが分かったら、なんだかそんな小さなコトに縛られてた自分が急にバカバカしくなった。

 

なんだ、自分は自分だ。自分以外の何者でもない。誰かが勝手に作った価値観に振り回されるなんて、愚の骨頂。自分の価値観で生きればいいじゃないか。

 

その後、今に至るまでわりと自由に生きている。

 

私は今が一番楽しい。

 

 

長いのに、最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

よかったらさらに他の記事ものぞいてみてくださいね(笑)。

 

 

 

すごい旅人求人サイト『SAGOJO(サゴジョー)』×奈良県吉野町のコラボイベントに参加した話

こんにちは。

 

バックパッカーライターのMiiです。

先日すごい旅人求人サイト『SAGOJO(サゴジョー)』奈良県吉野町と企画したイベントに参加してきました。

 

みなさん、SAGOJOって知っていますか?旅好きの方ならご存知かもしれませんね。

 

SAGOJOは、旅人ならではの切り口を仕事に繋げてしまおうというサイト。私は”元”旅人だけど、今でも旅とは繋がってたい(気分はいつでも旅人)ので、SAGOJOさんの仕事もできたらいいな〜という野望を胸に登録してます^_^

 

今回の企画、直前に知ってなんだかおもしろそうだったので急きょ申し込み♪

 

場所は都内日本橋の奈良のアンテナショップ「奈良まほろば館」。以前立ち寄ったことはあったけど、単に特産品やお土産を買えるだけじゃなく、こういうイベントもできちゃうんですね〜^_^

 

夕方6:30から9:00までなので、子どもたちには夕飯作って「なるべく早く帰ってくるから!!!」と言い残して出かけました(^◇^;)。

 

予定では

 

6:30-7:30 懇親会

7:30-9:00ワークショップなど

 

 

このイベントの趣旨は、奈良県吉野町を盛り上げていくためのアイデアを旅人(ソトモノ)目線で出し合おう!というもの。

 

吉野の名物「柿の葉寿司」や地酒も用意してありました!

初めからいきなり懇親会とのことで、みんな柿の葉寿司とお酒をちょいちょいつまみ、しばらくたつと知らない者同士とは思えない和みっぷりです。

 

今まで全く知らなかった旅行業界のことも知ることができて、ホントに興味しんしんでした!SAGOJOの代表を務める新さんは、初めてお会いしたけどすごく気さくで素敵な方でした。

 

通常はこんな会がある時は懇親会が後にくるらしいんですが(言われてみればそりゃそうだ。)、今回はちょっとした事情で初めて、先にやることになったんだそうです。

 

でもこれがどうやらよかったみたい。お酒のおかげ?で適度にみんなリラックスして、その後のワークショップではいろんなアイデアがバンバンでてました。

 

ちなみにワークショップでは、

 

⚪︎吉野について学んだり

 

⚪︎いきなり「吉野町ゆるキャラ」を考える課題を出されたり

 

⚪︎旅人(ソトモノ)だから生み出せる価値について学んだり

 

⚪︎それらを元に「柿の葉寿司」を別の切り口でみせる方法をみんなで考えたのでした。

 

みなさん頭が柔軟で、柿の葉寿司ひとつにこーんなにいろんなアイデアが出るもんなんだ!!と驚きの連続!

 

私は頭が固いので、なかなか視点を変えた考えって浮かばなかったんですが、人それぞれの切り口ってあるもんなんですね。

 

こんなふうにたまにいろんな人に会って、いろんな話を聞くっていうのも、自分の視野が広がっていいもんだなあ、って思いました♪

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。