わたしいろ人生 〜元バックパッカーのパート主婦Miiの日記

40代パートの私。子どもがいても我が道いくよ。楽しいことだいすき♪主に旅、本、料理について書いてます。

山形県民がおすすめ!銀座の”おいしい山形プラザ”で買える手軽に楽しめるご当地おやつ5選☆

こんにちは。  

 

バックパッカー主婦のMiiです。

 

先日、入院していたダンナが退院してきました。手術をした日、あれだけ生気を失っていたダンナも、ようやく念願のビールが飲めるまでに回復しました(笑)。

 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

さて、入院のときにお見舞いをくださった方がいたので、そのお返しを考えねば..とダンナと相談。

 

うーん、でもフツーにデパート地下で売ってるようなお菓子っていうのもピンとこないし..と悩んだあげく、めったに食べる機会もないであろう、(私の地元)山形のおいしいものをいろいろセットにしてお返しにしよう!ということになりました。

 

でも地元から取り寄せるのも時間がかかるし、いろんな種類をそろえるなら一度に直接見れたほうがいい!・・ということで、銀座にある山形のアンテナショップ、おいしい山形プラザに行くことになったのです。

 

ダンナはまだ退院したてなので、私がその任務を全うすべく出発!

 

まあ、せっかく都内まで行くからちょっと寄り道しよ〜♪って、結局鎌倉まで行っちゃったんですけどね(^◇^;) (鎌倉が大好きなので)

 

あちこちウロウロして、ようやくおいしい山形プラザにたどり着いた時にはすでに夕方。けっこう人でにぎわっててびっくりでした!

 

oishii-yamagata.jp 

お店はJR有楽町駅から徒歩5分、東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅」からだと徒歩1分のところにあります。

 

おいしい山形プラザは1Fがお店になっていて、山形のお米やお酒、旬の食材など、県内各地の特産品やお土産を買うことができます。今の時期はちょうどサクランボをおいていました。

 

2Fには”ヤマガタ サンダンデロ”というレストランがあり、山形県産の食材をふんだんに使った料理を出しています。

 

このレストランは、山形県鶴岡市にあるイタリアンの”アル・ケッチャーノ”の奥田政行シェフがプロデュースしたお店。

 

奥田シェフは地元庄内地方の食材にこだわった料理を作る方です。精力的に活動されているようで、私が正月に山形に帰省した時には、奥田さん監修のスウィーツやお茶がお土産ショップにお目見えしていました。

 

ちなみに

 

”ヤマガタ サンダンデロ”は庄内弁で”山形産だんでろ”→”山形産なんでしょ?””山形産だよね?”

 

アル・ケッチャーノ”は”あるけっちゃの”→”あったよね~?”

 

といったニュアンスです。

 

 

さて、お店ではどれにしようか悩みに悩んで何品かをセレクトし、ようやくお返しの品を決めたのでした。

 

それにしてもお返しの品を買いに来たはずが、品物を選んでいるうちにだんだんわが家用も買いたくなってきて、結局いくつか買うことに・・。なにしろそうめったに地元のお菓子を食べるときはないですからね~。

 

そんなわけで、今回のブログでは、きのうわが家用にアンテナショップで買った、お手軽に楽しめる山形のおすすめご当地おやつを5つご紹介します♪

 

1、オランダせんべい

864円

 

わが家にとって、山形のソウルフードといっても過言ではないでしょう!シンプルなうす焼きせんべいで、むか~しからあります。絶妙な塩加減は、熟練の職人の手によるものなんだとか・・?

 

もともとはホントに気軽に食べられる、地元密着型のおせんべいで、山形では小袋で買うことができます。ここ最近、こんなこじゃれたデザインのお土産用パッケージが出現!ちょっとだけ洗練されてしまったのが、うれしいやら寂しいやら。

 

残念ながら銀座には小袋のものはありませんでしたが、食べたい欲求には勝てず購入。帰省時には必ず爆買いして帰るほど、子どもたちもダンナも大好きな山形土産です。

 

なぜオランダせんべいかって・・?ご想像におまかせします(笑)。

 

2、だだちゃ豆カリント

389円

 

だだちゃ豆山形県庄内地方の夏の味!枝豆の王様です。普通の枝豆よりちょっと値は張りますが、独特の香りと甘みがクセになる味です。

 

そんなだだちゃ豆かりんとうがこちら。甘さ控えめで素朴な味なんですが、なぜか手が伸びてしまいます。

 

3、からからせんべい

184円

 

これまた昔からある、素朴な甘いおせんべい。中には昔懐かしい小さなおもちゃが入っていますうちの娘はこれがだいすき!中をみるときのワクワク感がたまらないみたい。

 

小さいお子さんはきっと喜ぶこと間違いなしです!(子ども心を失ってしまった大人にもおすすめ☆)前に指輪が入っていたこともありましたよ♪

 

ちなみに今回入ってたのはこちらでした。↓↓↓ 素朴です。

 

4、ごませんべ

324円

 

やはり昔から愛されている地元の味。ごまがたっぷり入った揚げせんべいです。クセになります!私のだいすきな味なんですよね~。

 

5、サクサクミルクチップ

324円

 

こちらはおしどりミルクケーキ(知ってますか?)の変化バージョン。もともとのミルクケーキは、私も子どもたちもだいすきなのですが、かなり濃厚で甘いミルク味。それにくらべてこちらはもっと薄くて軽い触感。サクサク噛めてついついたくさん食べちゃいます。とってもおいしくておすすめ!

 

以上が、今回わが家用においしい山形プラザで買った山形のお手軽おいしいおやつ5選でした!地元が庄内地方なので、そちらのものに片寄ってしまった感は否定できませんが・・もし、銀座に行かれた際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!参考になればうれしいです。

 

また、この夏山形に行く予定がある方にも、お土産にぜひおすすめです!

 

ちなみに今、こんなイベントもやってるみたいですよ♪ ↓↓↓

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。

 

手術なんて余裕のはずが...?初めての入院

こんばんは。

バックパッカー主婦のMiiです。

 

きのうダンナが生まれて初めて入院しました。鼠経(そけい)ヘルニア、平たくいえば脱腸です。赤ちゃんもなりますが、大人の場合は40代以上の男性に多いそうです。

 

きのう入院してさっそく手術しました。

 

まわりの人みんなに「簡単な手術だし、たいしたことないよ!」と言われ、ダンナも軽く考えてたみたい。緊張感はゼロでした。

 

手術までは時間があったので、談話室でしばしご歓談。私は自販機でこんなのを見つけてしまい、即買い!

 

わが家はチチヤスにはお世話になってますが、これは初対面!さっそく飲んでみたら・・想定内のお味でございました。

 

ダンナは(午後から手術だというのにコーヒー飲みながら)超リラックスモードで、手術終わったら病室でビール飲みてーだの、退院したら出かけるだの言ってましたが・・。

 

手術後、全身麻酔から覚めたダンナ、死んだように身じろぎひとつせず、弱々しい声で「いてーいてー、思った以上にいてー。」想像した何十倍も痛かったようです・・。そりゃそうだよね、切ってるんだもん。

 

ほんの数時間前まで、あんなに談話室でリラックスしてたのがうそのよう。見たことないくらい弱ってたので、さすがにかわいそうになってしまった・・。

 

そして今日、仕事のあと病院へ。さいわいわが家からも近いので、仕事帰りでも行きやすくてよろしい。

 

冷蔵庫がからっぽなので、途中八百屋でしこたま野菜を買い込み、筋トレのように両手にぶら下げながら病院に向かっていると、こんな魅力的な光景に出くわしてしまった!

焼き鳥屋の店先で野菜販売!こんなところに(いや、いい意味で)・・ウチからも近いのに、知らなかった!しかもほぼオール100円ではないか。・・こういうのに弱いんだよ、Miiは・・´д` ;

 

いま私両手に何下げてる?十分重いし。と思いつつ、結局大根とネギ購入。主婦だよね。

 

筋トレMAX状態でダンナの病室へ。

 

おお~、きのうは身動き一つせずベッドに横たわってたのに、今日は座ってる!しかも歩いてる!回復したなあ(*´▽`*)

 

聞けばきのうはビールのビの字も思い浮かばなかったとか。そうでしょうそうでしょう。

 

明日は退院。治ったらしこたま飲もうね♪

 

☆おまけ

 

え?

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。

 

 

 

 

 

あじさいの色がホントに変わった話

こんにちは。

 

バックパッカー主婦のMiiです。

 

梅雨、ですね。そんな中、今年初めてわが家の庭であじさいの花が咲きました。

 

そこにあじさいがあった覚えもなく?あれ〜、植えたっけ??というくらい存在感がなかったんですが、今年いきなり、真っ白い花がひとつだけ咲いたのです。

 

予想してなかっただけに、ちょっとうれしくなって毎日観察してるんですが、真っ白な花だと思ってたら、日に日にピンクになってきました!

 

え??そういえば、あじさいの色が変わる話はよく聞くけど、ちゃんと自分で確かめたことってなかった!

 

しかも白からピンクになったりもするの〜?土の成分の違いだ、っていわれるけど..これもかなあ?

 

 

ちょっと気になったので調べてみたところ、あじさいの花の色の変化の原因は、大きく分けてふたつあるんだそうです。

 

1、花の老化現象

 

花の中の色素が少しずつ分解されて起こる現象で、鮮やかな花色からくすんだ緑や赤になってくるもの。種類によっては白から緑や真紅に変わっていくものもあるそうです。

 

 

2、土壌の酸度(pH)による色の変化

 

土壌が酸性だと青系、アルカリ性だとピンク系になるといわれています。

 

種類によっては土壌のph値に左右されないものもあるそうですが、一般に土を変えるとピンク花系の品種は青っぽい紫へ、あるいは青色系の品種は赤っぽい紫へと変化していくのだとか。

 

同じ品種なのにピンクのと青のが店頭に置いてあったりするのは、あじさいの生産農家さんが土を調整して、違う花色に仕立てているからなんだそうです。

 

ちなみに、あじさいの花言葉は「移り気」なんだって!なるほど。

 

ところでうちの白いあじさいは、老化現象なのかなあ..?

 

☆おまけ

 

10日ほど前に仕込んだ梅ジュース。砂糖もほとんど溶けて、だいぶエキスが出てきたので、まだ2週間たってないけどフライングしてみることに・・。

 

うん、うまし♪ 氷砂糖だからか、すっきりした味わいです。出来上がりを楽しみに待っていた息子にも好評。娘は食わず嫌いなので、ま、置いといて。

 

こりゃ、かき氷のシロップにもよさげですな。・・いや、本格的な夏になる頃にはもうないか´д` ;

 

 

 

 

 

 

 

カラス好きって多いのね

こんにちは。

バックパッカー主婦のMiiです。

 

最近、ツイッターなるものを始めました。(まだ、システムはよく分かってませんが´д` ;)で、気が向いたら、自分がおもしろいと思ったものや気になったものをツイッターにあげてます。

 

ついきのう、ホントに何気なく、街で見かけた悪そうなカラスのポスターについてつぶやいたところ、反応してくれた方多数((笑)私の中では最多)あり。

 

 

え?これに反応しちゃうんだ、と興味をそそられて、ほかのツイッターをのぞいてみたところ、でるわでるわ、カラス好きな人たちのいろんなつぶやきが!

 

カラスのかわいらしい写真や、決定的瞬間写真、飼いガラス?の写真までどれもカラス愛にあふれてます。

 

・・・いや、正直、驚きました。新しい世界を知ってしまった!

 

私自身はカラスに怖い目にあったことはないし、別に好きでも嫌いでもありません。

 

でも友人はカラスから攻撃受けてるし、なんとなく深く関わっちゃいけない生き物のような気がしてました。横通るときはいつも目を合わせないもんね(笑)。

 

いやでも、たしかにカラスが頭がいいというのは周知の事実だし、前に話題になったカラスの本も、そういえばずっと気になってたんだった!

 

 

目次をざっと紹介すると‥

 

第1章 カラスの基礎知識

 

第2章 カラスと餌と博物学

 

第3章 カラスの取り扱い説明書

 

第4章 カラスのQ&A

 

目次だけみるとちょっと小難しそうですが、内容はかなりとっつきやすいらしい。カラス好きの人にも、カラス好きじゃない人にもおもしろそう単行本もでてるようです。

 

そしてさらに続編でこんな本も。

 

 

かなりマニアックな1冊らしい。『カラスの教科書』は基礎編、『カラスの補習授業』は応用編なんだって。

 

どちらも著者の松原始さんのカラス愛が炸裂の本のようです。ああ、こういうマニアックな本、好きなんだよなあ・・。調べれば調べるほど、読みたくなってきました。

 

こうやってカラスワールドにはまってくんだろうか・・☆

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。

 

tripnoteでトラベルライターMii☆

こんにちは。

バックパッカー主婦のMiiです。

いつもMiiブログを読んでいただきありがとうございます☆

 

みなさまに、本日うれしい(私にとってですが)ご報告です。

 

この度、tripnoteさんという旅行記事のウェブサイトで、トラベルライターとして記事を書かせていただけることになりました!そしておととい初めて、記念すべき記事第一号が掲載されました〜ヽ(´▽`)/

 

素直にうれしいです!(いつになくテンション高い(笑))。

 

tripnote.jp

 

これもひとえに、Miiブログを読んでくれてるみなさんの存在があったから

 

このブログを書き始めて約2か月。一番最初のブログには、3つの”ブログを始めた理由”を書いたのですが、その中のひとつが ”ゆくゆくは自分が楽しんでいる旅のことを、書くことで伝えたいから。”という内容でした。

 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

いま、かなった(笑)。

 

といっても、まさにスタートラインに立ったばかりですが。(旅しないと!)

 

tripnoteさんのほかに2社ほど応募した会社があったのですが、そちらとは残念ながら縁がなく、正直ちょっとへこんだときもあったMiiです。

 

でもあきらめなくてよかった!と40代半ばにしてしみじみ思った私。

 

さて、その旅行記事の中身はといえば、以前ブログで書いた ”もんじゃ焼きのルーツ” に関する記事の、続編ともいえるような内容です。(ぜひ、実際に読んでみてください。)

 

前に書いたブログはこちら↓↓↓

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

そしてtripnoteの旅行記事の中で、もんじゃ焼きと一緒に紹介している、王子稲荷神社についてのブログも以前書いてます。 ↓↓↓

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

じつは今、Miiは自分の種をまいてる最中なのですよ。数か月前に読んだ本の影響です。(本のタイトルは忘れましたが。)

 

自分や家族のこれからを長いスパンで考えた時に、何かこの先、自分でもできることのベースを作っておきたいな、と。そしてどうせやるなら、自分の好きなことや興味のあることをやりたい。

 

なにかについての専門的な知識や技術を持ってるわけでもないので、なおさら先を見据えていくつか種をまいておきたかったんです。4~5つ種をまいて、その中の1~2つくらい芽が出て育ってくれるといいなあ。

 

今回のトラベルライターの芽は、アタマのあたりがちょっとだけ出てきた感じかな?

 

このブログを始めたときは、続けられるかなあ、という気持ちが大きかったのですが、やってみたら案外文章書くの嫌いじゃないし、けっこう楽しいわ、ってことに気づいたんですよね。

 

これって始めてみなければ分からなかったことで、なんでも一歩踏み出すことは大事だなあ、だからその先のtripnoteさんまでつながったんだなあ、とつくづく思うMiiなのです。

 

子どもたちよ、ママはわが道行くよ☆まあ、いつも行ってるけど´д` ;

 

というわけで、以上、プライベートなご報告と、完全なる宣伝でした!皆さま、ぜひぜひtripnoteご覧になってみてくださいませ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。

 

 

 

 

写真展「星野道夫の旅Selection 」で心をチャージ

こんにちは。

バックパッカー主婦のMiiです。

友人を誘って、千葉の市川市芳澤ガーデンギャラリーで開催中の写真展「没後20年 星野道夫の旅Selection 」へ行ってきました。(今日まででした!ちなみにこの後は富山で開催予定のようです。)

 

星野さんは市川市出身の写真家で、アラスカの自然や動物たちをカメラに多く収めてきました。TVの取材中の事故で40代の若さで亡くなり、その後20年ということで開催された写真展です。

 

http://www.michio-hoshino.com/

 

芳澤ガーデンギャラリーには初めて行きましたが、個人の方が寄贈された土地と庭を整備して作ったギャラリーなんだそうです。市民が身近に芸術や文化に親しむことができるように、という市川市の事業の一環とのこと。気持ちよく整備されていて、とてもステキな庭でした。

 

星野さんのことはMiiのブログでも今まで何度か書いています。一時期、星野さんの本を何冊も読みあさっていたのですが、そのほとんどはエッセイで、写真集を手にしたことはありませんでした。

それにしても驚いたのはその来場者の数です。星野道夫さんが市川市出身ということもあるでしょうが、平日にもかかわらず、なかなかたくさんの人!(最終日前日ということもあったのかもしれませんが。)

 

そして来てる人たちの年齢層も幅広くて、これまたびっくりです!男女問わず、年配のおじさまおばさまから、若い女性、小さい子を連れたママまで、その層の厚さには驚いてしまいました。

 

会場には、様々な動物たちや自然、そしてアラスカで星野さんが出会った人たちの写真が、星野さんが紡ぎだしてきた言葉と一緒に展示されていました。

 

印象的だったのは、写真の中の人や動物が見せるその眼の強さです。生命が宿っている、という感じ。

 

動物たちは”動物” とは思えないくらい眼の表情が豊かで、写真って、撮る人によってこんなにも内面を引き出すもんなんだな〜、とちょっと感動!

 

動物でも人でも、家族や親子の情愛を写した写真が多かったです。

 

星野さんがアラスカに渡るきっかけとなったのは、本の中で見た1枚の古い空撮写真。

 

シシュマレフ村という小さな村のその写真に強く惹かれた星野さんは、くわしい住所も分からないまま、村長あてに手紙を出したのだそうです。

 

”ぜひ、行ってみたい。なんでもやるので村に滞在させてほしい。”と。

 

そしてようやく半年もたったころに、アラスカからの返事が届いたのでした。

 

Miiは以前読んだ本の中でこの話を知って、すごく興味を持っていたのですが、今回なんとそのシシュマレフ村の空撮写真と、その時の手紙も展示されていたのです!

 

手紙の表書きはこうでした。

 

The MAYOR

Shishmaref ALASKA

U.S.A.

 

それはそれは丁寧な字で書いてある宛名。

 

なんだか、この3行に星野さんの思いのすべてが詰まっている気がしました。

 

この宛名で出した星野さんもすごいし、シシュマレフ村の村長さんの元まで手紙を届けてくれたアラスカの郵便屋さんもすごい!そして、受け入れの返事をくれた村長さんも。

 

このどれかひとつでも欠けていたら、その後の星野さんの人生は全く違ったものになっていたでしょう。

 

だけど、この手紙を書いた時の星野さんは、手紙がシシュマレフ村に届かないかも・・なんて、きっと少しも考えなかったんじゃないかなあ。

 

夢と希望だけをこの手紙に託したんじゃないかと、私は思います。

 

これは私の中での星野さんの勝手な印象ですが、まっすぐで、不器用な部分があるけど、だからこそ人間味があるというか・・。

 

だからこそそんな星野さんの生き方は、私たちの人間としての根っこの部分に訴えかけてくるのかもしれません。

 

そしてそれが20年後の今でも世代を超えて多くの人たちを惹きつける理由なんじゃないかと思います。

 

さて、その後‥

 

お腹もすいたので、そのまま帰りはランチへ。

 

途中の歩道に植えてあった桜の木、生命力ハンパない!↓↓

 

車で立ち寄ったのは、“CEPPO(チェッポ)”という洋食屋さん。

 

ママランチらしきお客さんたちでにぎわってました。

 

あまりにお腹がすいていて、思わずハンバーグセットのハンバーグ大(280グラム)にしてしまったのだけど・・思いのほかBigだった(笑)。

 

40代に280グラムはやっぱキツイよね・・身の程わきまえます´д` ;

 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

読んでいただきありがとうございます。

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。

 

共同作業♪

こんにちは。

バックパッカー主婦のMiiです。

 

ついさきほど。

窓にかわいいお客さんがへばりついてました( ´∀` )

 さて先週末の日曜日は、ひさびさに何もせずまったりの一日。

 

主婦は自分で “今日は何もしない!!”と固く決心しないと、ついいろいろやっちゃいますからね..´д` ;

 

といっても、洗濯とごはんの支度だけはやったけど。

 

日中、息子は遊びに行ったので、ひさびさに娘と水入らず。ふたりともゴロゴロしながら、本読んだり、マンガ読んだり。

 

ちなみに今私が読んでる本(写真集?)。『絶対に行けない世界の非公開区域99』。どうです、おもしろそうでしょ?かなりマニアック(笑)。

ちなみに、この本でたくさん紹介されてるスポットの中でも、特筆すべきはアメリカにある「法医人類学研究施設」。

 

つまりは野外に放置された死体が分解していく過程を観察し、犯罪科学捜査の分野で役立てるのが目的なのだとか!

 

...常人(Miiがそうかはあやしいけど。)の想像を絶する施設ですが、こういう、世の人のほとんどが知らない研究がこっそり進められているからこそ、世の中が成り立ってるのかも?

 

なにはともあれ、世界にはまだまだ知らないことがいっぱい!と、あらためてまた旅立ちたくなったMiiでした。

 

さて、時間もあるし、めずらしく早めに夕飯の支度を、と作り始めると、これまたちょっとヒマになった娘がめずらしく、”わたしもやりたい!”

 

普段こういうことはあんまりないので(この前梅のヘタはとってくれたけど)、逃しちゃいけないと思ってすかさず包丁を渡すMii

 

切ったりゆでたり混ぜたりして、ふたりのポテサラ完成!

ちなみに、去年6年生だった息子の夏休みの宿題には、”朝食の献立を自分で考えて作り、記録する”×2回、というのがあったんですよね。自分が子どものころはそんな宿題なかったよなあ。隔世の感。

 

でも、そうよ~、こんな時代だもん!男も女も関係なく、自分のことは自分でできないと。自立した人間にならないとね!

 

食は生きる基本だし、家事力は子どものうちからつけといたほうがいいと思うMii。まあ、ご飯の炊き方と、みそ汁の作り方をマスターして、目玉焼きくらい作れればなんとかなるでしょ♪

 

そうして早く、ママをラクさせておくれ(笑)。

 

 

 読んでいただき、ありがとうございます。

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。