自由旅クリエイターにじねこMiiのブログ

なりゆきまかせの自由旅が好きなライター。元バックパッカーで今は2児の母。人生を今よりちょっとだけ楽しくしてくれるモノが好き♪Web媒体で、旅や地域の魅力を発信する記事も執筆中。

母なる山は鳥海山

皆さんには「母なる山」ってありますか?

 

山形の庄内地方出身の私にとって、「母なる山」は鳥海山です。

f:id:cmiyumiyu:20210505164335j:image

山形県秋田県の間にある鳥海山は、標高2,236mの山形県内最高峰の山。日本海に面してそびえたつ美しい姿は「出羽富士」とも呼ばれ、花の名山として登山客にもとても人気があります。また古くから篤く信仰されてきた山でもあります。

 

私の地元はその麓にある酒田市という街で、鳥海山は子どものころから毎日眺めていました。「今日はよく見えてきれいだな。」とか、「ちょっと霞んでるな。」とか、そこにあるのが当たり前で、特別と感じたこともありませんでした。

 

でも地元を離れて早や数十年。最近鳥海山の存在が、私の中で大きくなったような気がします。2年前に初めて鳥海山に登ったことも、そう感じる理由の一つかもしれません。

 

庄内地方に数ある山の中で、鳥海山のほかに出羽三山と呼ばれる信仰の山があります。「月山(がっさん)」「羽黒山(はぐろさん)」「湯殿山(ゆどのさん)」の3つの山から成り、羽黒山の山頂には三山の神様を祀る「三神合祭殿(さんじんごうさいでん)」という大社殿があるのです。

f:id:cmiyumiyu:20210505164513j:image

この羽黒山は、子どもの頃から年に一度、初詣に行っていた場所。とても神聖な空気に満ちていて、私は帰省すると必ずお詣りに行ってパワーをいただいてきます。

 

そういう意味では、「羽黒山」も私にとってはすごく特別な山なんですが、もし「母なる山は?」と聞かれたら、私にとっては「鳥海山」なのです。

 

同じ庄内地方でも、住んでる地域などでその答えはちがうと思います。同様の質問をされて「月山」と答える人もいるでしょうしね。

 

私の中では、羽黒山は「神様」とか「信仰」といった宗教的なものとの結びつきがより強い、男性的なイメージです。

 

それに対して鳥海山は(こちらも信仰の山ではありますが)すべてを受け止めてくれる、お母さんのようなイメージなのです。(←完全に個人の見解です。)

 

庄内は、山(鳥海山出羽三山など)・海(日本海)・川(最上川)と豊かな自然が残された場所。だから「母なる海」とか「母なる川」という表現も、きっとアリなんだと思います。でも自分自身の感覚でいえば、「母なる山」が一番しっくりするような気がします。

 

海も川も水の流れがあり、一か所にはとどまらない存在。それに対して山は、いつでもそこにあります。帰省のとき、長い時間をかけてようやく酒田に帰り、鳥海山の姿を目にすると「ああ、帰ってきた!」とホッとするんですよね。

 

いつでもそこにあり、変わらず自分を受けとめてくれる。安心感を与えてくれる存在。そういう意味で、私にとっては「母なる山」という表現がいちばんしっくりくるのかな、と思います。(まあ、リアルの世界では、すべての母がそういうわけではないでしょうけど。)

 

ちなみに私はふだんTwitterをやるのですが、鳥海山をはさんで山形県側と秋田県側の麓に住む人たちのツイートには、よく鳥海山が出てきます。日常の生活の中に鳥海山が息づいている。

 

各自眺めている鳥海山の姿かたちは違うわけですが、写真やツイートの内容を見ると、どちらからも鳥海山愛がひしひしと伝わってくるんですよね。

 

皆さんそれぞれ、山形なり秋田で生活をしていて、たぶんお互いを一生知らないまま終わる場合がほとんどでしょう。でも鳥海山を大切に想う気持ちは共通している。いわば会ったことのない同志みたいなものなのかな、なんて思うと、なんだかちょっと不思議な気がするのです。

 

そしてこんな風にずっと大切にされてる山って、鳥海山に限らず、じつは日本の各地にあるんじゃないかと個人的には思っているのです。

 

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったらほかの記事ものぞいてみてくださいね。

 

 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

【東京】春の高尾山〜景信山〜陣馬山(じんばさん)を縦走登山

f:id:cmiyumiyu:20210406165516j:image

3月末、夫と高尾山に行くことになりました。高尾山だけではちょっと物足りないので、その先の陣馬山まで縦走することに。ただ数日前に大雨が降ったので、道が悪いことも予想され、夫は行くかどうかはっきりと決めかねてる様子。

 
行く気満々だった私は、どっちに転んでもいいようにと前日にカップ麺や行動食を買いこみ、山から帰ったあとの夕飯用に鶏のトマト煮をつくり、山に持っていくおにぎりを握り、自分の荷物をまとめておきました。

 
そしてもし夫が「やっぱり行くのやめよう。」と言ったら、ひとりでどこ行こうかなと考えてました。

 
仕事から帰宅した夫に「で、行くの?行かないの?」と迫ったところ、苦笑いして「ここまでやってるのに、行かないとは言えないよね。」と。

 
ですよね\( ˆoˆ )/

 

そして当日の朝、5時過ぎに車で千葉を出発!

 


【1】電車で高尾駅から高尾山口(たかおさんぐち)駅へ

6時半過ぎに高尾駅着。駅周辺のコインパーキングに車を駐め、ここから隣駅の高尾山口駅まで電車で行きます。

 
私たちが駐めたパーキングは一日¥1,100でした。もっと安いところもあったようですが、場所が分からず、時間ももったいなかったので結局そこに。

 
ちなみに私たちは駅の南口側に駐車したんですが、下山後はバスで高尾駅の「北口」まで戻ってくる予定だったので、結果的には車も北口側に駐めた方がよかったな〜と反省。

 
下調べ、重要ですよね(^_^;)

 
7:10に高尾山口駅到着。すごく立派な駅!きっと登山客で潤ってるからなんだろうな。

f:id:cmiyumiyu:20210406160525j:image
この日のルートはとっても長いので、できれば高尾山山頂にはケーブルカーで上りたいと密かに思っていました。でも夫にその考えはないらしい。結局「稲荷山コース」から山頂までの90分の道のりを歩きます。とりあえず足慣らしといったとこですかね。

f:id:cmiyumiyu:20210406160553j:image

ちなみにケーブルカーの運行は8時からです。

 

【2】「高尾山(599m)」


8:30山頂着 

高尾山山頂には、まだそんなに人はいませんでした。満開の桜の向こう側に、うっすらと山が霞んで見えます。これから天気が絶好調になってくれるといいんですが!

f:id:cmiyumiyu:20210406160629j:image

 

いよいよここからが本番ですね♪この先はどうやら「奥高尾」と呼ぶらしいです。

f:id:cmiyumiyu:20210406160649j:image

陣場(陣馬)山 徒歩5時間」という看板を見て、ちょっとビビる私。陣馬山から下山することも考えれば、そこにプラス1時間位でしょうか。

f:id:cmiyumiyu:20210406160710j:image

 

私たちが下山予定の「陣馬高原下バス停」からは、バスは1時間に1本。14:25か15:25のバスに乗りたいので、途中あまりゆっくりはできません。バスを逃しちゃったら悲しいしね(^◇^;)f:id:cmiyumiyu:20210406160738j:image
登山道は木の階段が続く中、ところどころできれいな山桜が見頃を迎えていて、ちょうどいい時期に来たみたい!いやそれにしても、なかなかの階段まつりです。地味に繰り返すアップダウンがけっこう足にきます(;'∀')。

f:id:cmiyumiyu:20210406160758j:image

 

【3】「小仏城山(670m)」


9:35 小仏城山に到着。

 
茶屋の「なめこ汁」の文字にかなりひかれましたが、まだまだ先が長いのでぐっとガマン。もしこの先にチャンスがあれば絶対に食べよう!と心に誓います。

f:id:cmiyumiyu:20210406160824j:image

ここはずいぶん広く、ベンチもけっこう数がありました。少しだけ休憩して先を急ぎます。

 

【4】「景信山(727m)」へ

 

10:30 景信山に到着。

ちょっと早いけどランチにします。

f:id:cmiyumiyu:20210406160843j:image

外で食べるごはんはやっぱり格別ですね♪

 

山頂にはなぜかネコがいました。休憩している人たちにおこぼれをもらったりするのかな?

f:id:cmiyumiyu:20210406160923j:image
この山頂にゃんこがどこから来たのか、気になってしかたありません。茶屋のご主人の飼い猫で、毎日一緒に下山するのかな?それとも勝手に自分で登ってきて、ここに住んでるのな・・?といろいろ想像しながら歩きました。何しろ妄想する時間はたっぷりあるので!笑

f:id:cmiyumiyu:20210406171056j:image

さて陣馬山まではあと5.7キロ。まだまだ先ですね・・。


この日は朝からくもりで、ずっと空は霞んだまま。富士山が見られるコースのはずなんだけどなぁ!せっかくなので、一度くらいその姿を見たいものです。

 


縦走路の前半は人とあまり会わなかったのですが、後半かなりの人と行き交うようになりました。全員が高尾山ー陣馬山間を歩いているわけではないようで、途中からも何ヵ所か登ってこられるルートがあるみたい。

f:id:cmiyumiyu:20210406161024j:image

自分の体力や時間に合わせて、いろんなバリエーションを楽しめるルートのようですね。ちなみに、トレランをやってる人もかなりいました。

 


【5】陣馬山(855m)

 

12:50 陣馬山到着。長い道のりでした!

f:id:cmiyumiyu:20210406165658j:image
高尾山山頂から約4時間半。看板には5時間とあったので、思ったよりも早く着きました。ようやくほっと一息。

f:id:cmiyumiyu:20210406170150j:image

1時間くらいここでゆっくりします。山頂一帯はかなり広く、のんびりするにはもってこいの場所ですね。
f:id:cmiyumiyu:20210406170157j:image

ようやくなめこ(¥300)にありつけるよ! 疲れた体にじんわりしみるおいしさでした( ´∀` )。

f:id:cmiyumiyu:20210406165623j:image

 

 14:00

「陣馬高原下バス停」15:25発のバスに乗るため、下山開始。

 
これがなかなかの急坂で、とにかくひたすらどんどん下る。途中休むような場所もまったくありません。絶対に次の日膝にくるパターンですね(^◇^;)

 
バス停には15時くらいに到着。ちょっとしたバスターミナルのような感じで、ベンチもトイレもあるのがありがたかったです。

 

汗をかいた後のコーラ、さいこー♫

f:id:cmiyumiyu:20210406170146j:image

40分ほどバスに揺られ、高尾駅北口まで帰ってきました。

 

【バス時刻表】

↓↓↓

陣馬高原下 時刻表 ( 霊園32<霊園正門経由>[西東京] 高尾駅北口行 ) | バスナビ.com |京王バス・西東京バス

 


本当なら温泉にでも入れたら最高なんですけどね!帰りの渋滞を考えると、できるだけ早めに出ておきたいという結論になっちゃうのがいつも残念です。

f:id:cmiyumiyu:20210406170153j:image

今回登山開始から下山まで約7時間半。全長17キロ。ケーブルカーも使わず、よく歩いたと思います。我ながらエライ!


低山ではありますが、途中地味にアップダウンが続き、けっこう歩きがいがありました。ところどころ巻き道があるので、体力温存したい人はそちらを歩くのがいいと思います。私たちも途中から巻き道専門になりました。

 
残念ながら最後まで富士山を見ることはできなかったんですが、森林の中のウォーキング は気持ちがよかったです。ちょうど時期的に暑くも寒くもなく、充実した登山を楽しむことができました。

 

 

読んでいただきありがとうございます。


よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。

 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

 

【埼玉・川越】蔵の町半日食べあるき全記録♪

去年の12月、20年ぶりに訪れた川越の町は、思いがけず食べ歩き天国でした。

 

小江戸として有名な埼玉の川越は、昔ながらの蔵造りの建物が残る町。タイムスリップ気分で、気ままに散策するにはうってつけなんです。これは友人とふたり、半日旅に行ったときの食べ歩き全記録です。
f:id:cmiyumiyu:20210117105747j:image

 

 【1】あまたまかりん (¥161)/「小江戸蔵里」の「おみやげ処」

小江戸蔵里」は、川越で100年間造り酒屋を営んだ「鏡山酒造」の蔵を改装したスポット。明治・大正・昭和につくられた3つの蔵があり、そこで食事したり、お土産を買うことができます。

 

ここでみつけた「あまたまかりん」はどうやらこの店の限定販売らしい?

f:id:cmiyumiyu:20210117105756j:image

真っ黒でまぁるい姿はインパクト大!ちょっとカリッとした食感で、中にはいもあん&こしあんが入ってます(川越といえば、さつまいも!)。これはかりんとう饅頭って感じですね。めちゃめちゃおいしいです!(帰りにお土産に買っていきました。)

 

【2】利き酒(¥500で4メダル)/「小江戸蔵里」の「ききざけ処」

f:id:cmiyumiyu:20210117105722j:image

小江戸蔵里」の「ききざけ処」では、埼玉の34蔵の日本酒が楽しめます。自動試飲機にメダルを入れ、好きなお酒を選ぶと紙コップにつがれるというシステム。まあ「試飲機」ですから、量はたいしたことありません。強い方はぜひ、34種類お試しを♡

 

*「小江戸蔵里」のHP→ https://www.machikawa.co.jp/

 

 

【3】鰻屋さんのうな飯(¥600)/「串焼き りんりん屋」

川越はうなぎも有名らしく、町にはうなぎ屋さんもあるんですが、なんといっても高級品。家計を預かる主婦二人には、なかなか手が出にくいお値段です(;'∀')。

 

そんなときに見つけたのがこちら。

f:id:cmiyumiyu:20210117105753j:image

かわいい見た目とお値段。食べるしかないでしょう!もちろんこれでお腹いっぱいにはなりません。2口、3口くらいかな?でもうなぎのちょい食べにはいいかもね♪

 

さあいよいよ私たち、本格的に食べ歩きエンジンがかかってきました!

 

【4】いも恋(¥180)/「菓匠右門 一番街店」

f:id:cmiyumiyu:20210117105804j:image

こちらはどうやら川越でかなり有名なお菓子のようです。店頭の蒸し器でほかほかが売られていて、お客さんも並んでいます。

 f:id:cmiyumiyu:20210117105750j:image

店内で座って食べることができて、おまんじゅうの中には粒あんとさつまいも。素材を生かした素朴な甘さです。生地もモチモチで、同じさつまいものお菓子なのに「あまたまかりん」とは全然違うおいしさですね!

 

*「菓匠右門」のHP→https://imokoi.com/

 

【5】ねこまんま焼おにぎり(¥250)/「かつおぶし 中市本店」

f:id:cmiyumiyu:20210117105719j:image

こちらもやはり店頭販売。焼おにぎりの香ばしい匂いに、またもや行列です。店頭販売ってやっぱり強い!湯気や匂いで、つい引き寄せられちゃうもんね。

 f:id:cmiyumiyu:20210117105712j:image

かつお節」と「いわし節」から選ぶことができて、焼き上がったおにぎりに「これでもか!」ってくらいかけてくれます。シンプルな組み合わせだけど「THE 日本の味」。熱々のおにぎりにだしが効いておいしい!

 

*「かつおぶし 中市本店」のHP→https://www.nakaichi-h.com/onigiri/

 

【6】合鴨つくね(¥330)/「居食屋 鳥清」f:id:cmiyumiyu:20210117105726j:image

こちらはつくねを買うためだけに入るには、ちょっとためらうくらい立派なお店でした。創業1898年ですって!

f:id:cmiyumiyu:20210117105832j:image

長い歴史があるだけあってさすがというべきか、非常においしかった!一口一口がジューシーで、もう一本食べたいと思いました。今度はぜひ食事もしてみたいです。

 

*「居食屋 鳥清」のHP→https://www.kawagoe-torisei.com/

 

【7】食べてないけど気になった「お散歩カレー」/「Jam3281 小江戸川越店」

このあたりでお腹は満足したので食べなかったんですが、ちょっと気になった一品。「継ぎ足し続けて20年」・・・試してみたい気もします。

f:id:cmiyumiyu:20210117105716j:image

 

*「Jam3281 小江戸川越店」のHP→https://www.jam3281.com/coedo-kawagoe

 

 

川越はさつま芋が有名なんですが、食べ歩きメニューはけっこうバラエティーに富んでるんですよね。「どれを食べようか・・?」って選ぶのがまた楽しい♪ほかにももっと気になる食べ物、入ってみたいお店はありましたが、また次回のお楽しみにとっておこうと思います。

 

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったらほかの記事ものぞいてみてくださいね。

 

また、旅行Webサイトのtripnoteにも川越の記事がアップされているので、そちらもぜひ読んでいただけると嬉しいです。↓↓↓

tripnote.jp

 

【茨城】電車&バスで筑波山へGO

中学生の娘と筑波山に行ってきました。

 

電車とバスで筑波山

f:id:cmiyumiyu:20210311164119j:image

筑波山に登るのは10年ぶりくらい。調べてみると、TX(つくばエクスプレス)のつくば駅から筑波山まで「筑波山シャトルバス」が出ています。


バスの始発は8時。週末で混むだろうと早めに家を出て、7時過ぎにはつくば駅に着きました。

 

7時40分に駅前のつくばセンターバス停」に行くと、もう何人かの登山客が並んでいます。うしろからも続々と乗客がやってきました。都心から電車とバスで気軽に行けるとあって、やっぱり人気なんですね。

f:id:cmiyumiyu:20210311164239j:image

そうこうしているうちにバスが到着。思いがけず臨時便です!週末だからかな?ちなみに土日祝日のタイムテーブルでは、バスはほぼ30分おきに出発しています。時期によっても本数が変わるので、事前に確認してくださいね。

↓↓↓

アクセス | 筑波山ケーブルカー&ロープウェイ


臨時便のおかげで、8時前にはバス停を出発できました。やった♪ この時点ですでに立ち乗りの人がいるくらいお客さんが乗っています。早めに来て正解でした!

 
筑波山ってどんな山?

筑波山百名山のひとつで、男体山(871m)」「女体山(877m)」から成ります。

 

筑波山の上へ向かうには主に3つのコースがあり、そのうちのふたつは登ったことがあるのですが、今回は最後のひとつ「御幸ヶ原(みゆきがはら)コース」に初チャレンジ! どうやらわりとハードなコースみたいです。(だから避けてた。)

 
御幸ヶ原コースから登るには筑波山神社入口」バス停で下車します。つくば駅からここまでの運賃は¥740で、所要時間は30~40分ほど。

 

筑波山はケーブルカーとロープウェイを利用することもできるので、それぞれの体力に合わせて楽しめるのも人気の理由のひとつです。

 

こちらは筑波山の登山コース

↓↓↓

筑波山登山コース | 筑波山ケーブルカー&ロープウェイ


筑波山神社を出発

f:id:cmiyumiyu:20210311164303j:image

せっかくですから、筑波山神社に安全を祈願してから登ります。境内のあちらこちらにきれいな花が生けられ、気分はもう思いっきり春ですね!快晴だったので気持ちも上がります⤴⤴

 

この日のルートは

 
筑波山神社→ 御幸ヶ原コース→男体山山頂→山頂連絡路→女体山山頂→白雲橋コース→筑波山神社

 
です。

 

お参りのあと、さっそく御幸ヶ原コースを出発!

f:id:cmiyumiyu:20210311164320j:image

気持ちのよい森の小道を森林浴気分で歩き始め、このまま楽勝かと思っていましたが、やはりそんなに甘くはなかった!けっこうな急斜面を登っていきます。

f:id:cmiyumiyu:20210311164512j:image

娘と2人で「なかなかハードだね。」といいながらてくてく。


でもまあ、そうはいってもさすがは現役中学生!娘は常に私の先を行き、疲れた様子も見せません。

 

おかしいな...娘は久しぶりの山のはずだけど。これが若さってもんか??

 
挙句のはてに「ママ大丈夫?転ばないでね。」とか、「そこの木の根っこ、動くから気をつけて!」なんて心配される始末。「いつの間にこんなに成長したんだろう。」とうれしく思う反面、なんとなく複雑な気分になっちゃいました(;'∀')


ケーブルカーのすれ違い

f:id:cmiyumiyu:20210311164354j:image

さてコースのちょうど真ん中あたりでは、ケーブルカーがすれ違うところを見ることができます。

 
2台のケーブルカーがゴトゴトと車体を揺らしながら上と下からやってきて、目の前ですれ違うシーンなんてそうそう見られません。乗り物ファンじゃなくてもワクワク♬

 

その後、男女川(みなのがわ)の源流付近を通過。

f:id:cmiyumiyu:20210311164431j:image

男女川は昔から数々の歌に詠まれてきた川で、小倉百人一首には

 
「筑波嶺の 峰より落つる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる」

(筑波山の峰から流れ落ちるみなの川が、つもりつもってついには深い淵となるように、我が恋もつもりつもって淵のように深くなったことだ。)

 
という陽成院(ようぜいいん)の歌が収められています。

 
陽成院天皇の座に就いたのち、60年以上もの間上皇として過ごした人なんだそうです。生きた時代や身分が違っても、人としての感情は私たちと変わらない。当たり前のことだけど、なんだかとても不思議な気がします。


さらに山道を歩いていくと


あ、ハートの岩発見!なにかいいことあるかも?!

f:id:cmiyumiyu:20210311164544j:image

そして約1時間半で、ようやく山上の御幸ヶ原に到着! ゴールの直前が一番きつかったかも?ここはケーブルカーの「筑波山頂駅」や売店などもあり、視界もひらけて気持ちがいい場所です。でも...ちょっとこの日は寒いかな(^◇^;)

f:id:cmiyumiyu:20210311175634j:image


男体山山頂へ

さて御幸ヶ原からそのまま男体山の山頂を目指します。歩いて15分位ですかね。あっという間に到着です。真っ青な空を、飛行機雲がきれいな線を描きながら横切っていきました。

f:id:cmiyumiyu:20210311164616j:image

再び御幸ヶ原まで戻り、お昼を食べることに。

 
この日は快晴だけど寒い一日になる、という天気予報だったので覚悟はしていたんですが、これが思った以上に寒かったんですよね~。神社で感じた春の気配はいったい何だったんでしょう??

 
こはちょうど風が吹き抜けるため、ベンチでお昼を食べようとしても、油断するとすべてが飛ばされてしまいそう!

f:id:cmiyumiyu:20210311164851j:image
おりしも数日前にTVで観た「ヒロシのぼっちキャンプ」で、ヒロシさんがアレンジして食べてた赤いきつね 天ぷらうどんバージョン」がものすごく美味しそうだったので、絶対にマネしようと思ってました。

 
前日、仕事帰りにスーパーで海老天を買いこみ、赤いきつねに載せる気満々で筑波山まで持ってきたんです。ここで風に飛ばされるわけにはいきません!赤いきつねを死守しながらフタを開け、お湯を入れます。そしてようやく天ぷらうどんの完成!よかった~。

f:id:cmiyumiyu:20210311164646j:image

 あ、ちなみにこれは海老天が特大なわけじゃありません!赤いきつねがミニなだけです(笑)。

 

この日は水筒にお湯を入れてきて大正解でした。近くにいた人が岩陰で風を避けながらガスバーナーを使っていましたが、強い風と寒さのせいか、なかなかお湯が沸かなくて大変そうでした。

 

いや、それにしても寒すぎる!箸を持つ手がブルブル震えるほどです。あったかい食べ物にして本当によかった!食後はココアでほっと一息。

f:id:cmiyumiyu:20210311164834j:image


女体山山頂から白雲橋コースへ

f:id:cmiyumiyu:20210311175703j:image

動かないと寒いので女体山山頂へと向かいます。男体山山頂よりも女体山の方が登った感があるんですよね。大岩の上から関東平野を一望できるので、なかなかのスリル!

 

帰りの「白雲橋コース」ではいろんな形の岩が楽しめます。

 

こちらは「北斗岩」

f:id:cmiyumiyu:20210311164930j:image


「母の胎内くぐり」

f:id:cmiyumiyu:20210311164948j:image


「弁慶七戻り(べんけいななもどり)」

f:id:cmiyumiyu:20210311165007j:image

頭上の岩が今にも落ちそうで、弁慶も七戻りしたといわれている岩です。

 

なんだかくぐってばかりです!ほかにもいろんな奇岩がありますが、それぞれに由来や言い伝えがあるのがおもしろいですね。


それにしても下りのコースもなかなかの急勾配で、岩がゴロゴロ。筑波山ってこんなに大変でしたっけ? なんか記憶の中のイメージと違うなぁ...。

f:id:cmiyumiyu:20210311165053j:image
「白雲橋コース」は「弁慶茶屋跡」というところで、もうひとつの「おたつ石コース」と分かれます。ちなみに「おたつ石コース」は筑波山神社ではなく、つつじヶ丘というところに着きます。

 
ようやく筑波山神社まで下りてきたのが2時半くらい。登り始めが9時前だったので、ずいぶんゆっくりしちゃいましたね。

 

筑波山神社の境内に戻ってきてまず目に入ったのが、小綺麗な着物の奥様方の集団。

 

え、なんで??朝は登山客しかいなかったのに。

 
どうやら私たちが山に登っている間、着物のイベントがあったもよう。ゴロゴロの急な岩場を下りてきて埃だらけの私たちは、なんだか場違いな感じです...(^_^;)

 

いや、でも行きも帰りもがんばって歩いたんだから、何も恥じることはない!と娘と頷き合いましたが、なんとなく居心地が悪くて早々に神社をあとにしました。


梅もちょうど見頃

f:id:cmiyumiyu:20210311165120j:image

せっかくなので、道路を少し下ったところにある梅園にも足を延ばしてみました。折しもこのときは筑波山梅まつり」の真っ最中。ちょうど白梅が見頃で、可憐な梅の花にほっと癒されます。

f:id:cmiyumiyu:20210311165135j:image

小腹が空いたので、お腹もちょっと満たしちゃおうかな。


バスでつくば駅

本当は立ち寄り温泉に入りたかったのですが、帰りの最終バスは16時40分(冬季期間)。時間的に厳しかったので、残念ながらあきらめました。最終バスだと混みそうなので、16時10分のバスに乗るべくバス停に向かいます。

 

ここのトイレにはこんなものが貼ってありました。切実な想いが伝わってきますね(^_^;)

f:id:cmiyumiyu:20210311165641j:image

帰りも臨時バスが来て、予定より早い時間に筑波山神社を出発しました。

 
つくば駅まで戻りほっと一息。天気もよかったし、丸一日遊んで充実感いっぱいです!つくば駅近くのミスタードーナツで、娘とお疲れさん会。

f:id:cmiyumiyu:20210311165155j:image
最近娘は家で口数も少なく、無表情なことが多かったので、ずっと気になっていました。でもこの日は表情が生き生きと楽しそうで、いつもより言葉数も多く、何より自然を思いっきり満喫できたようです。娘が楽しんでくれたのが、この日の何よりの収穫だったかもしれません。

 


読んでいただきありがとうございます。


よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

 

夜明けの国際宇宙ステーション

今朝5時過ぎ、外に出て空を見上げました。国際宇宙ステーション(ISS )を見るためです。


千葉の空はまだ暗いけど、雲ひとつない快晴でした。空一面、遮るものは何もありません。

 

これならきっとISSを見れる!

 

国際宇宙ステーションについては「#きぼうを見よう」というフレーズで調べることができます。ちなみに「きぼう」ISSの一部として日本が開発した実験施設の名前。折しも今日は3.11。東日本大震災から10年です。以前調べたとき、ちょうどこの日にISSが観測できると知って「絶対に見よう!」と思っていました。


その後しばらく間が空いてしまい、ISSのことは忘れていたんですが、きのうの夜遅く急に布団の中で思い出しました!


がんばって朝5時に起き、上着を着こんでマンションの中庭へ。予定では北西から南東の空へと移動するはずです。スマホで方角を確かめ、ぐるっと空を見回していたら、すごく明るい星らしきものを発見!なんだかゆっくりと動いている気がします。飛行機みたいな点滅もありません。音もなくスーッと移動していく感じ。

 

あれがISSに違いない!


スマホで撮ろうとしましたが、ちゃんと写せる気がしなかったので、心のレンズに焼きつけることにしました。


ISSは思ったよりも速い速度で頭上を通過し、あっという間に見えなくなりました。その間5分くらいでしょうか?両脇には写真でよく見る羽のようなものもうっすらと見えていたような…?

 

地上から400キロも離れた宇宙空間で地球の周りを回っていると思うと、「すごいな〜!」とひとりでじわじわ感動。だってあの中に野口さんが乗ってるんですもんね!


ちなみにISSの活動は、たくさんの国が協力しあって進めているプロジェクト。ここでは何人もの宇宙飛行士がさまざまな実験や研究、地球や天体の観測などを行っています。

 


ISSの大きさはサッカーコートほど。なんと一周約90分というスピードで、地球の周りを回っているんだとか!ちょっと速すぎて想像できませんΣ(゚д゚lll)

 

国際宇宙ステーションはいつも見えるわけではなく、次の3つの条件がそろったときだけ地上から見ることができます。

 

【地上からISSが見える条件】

  1. 空が晴れている時
  2. 自分がいる場所の上空付近をISSが通過する時
  3. 自分がいる場所は夜だけどISSは昼の時

 
「#きぼうを見よう」と調べると、自分の住む地域に合わせて、ISSが観測できる日時や方角を確認することができます。

↓↓↓

https://lookup.kibo.space/


ちなみに地上からみると、ISSは毎回違うコースを通っているように感じますが、じつは同じ軌道を回っているのだそうです。地球が自転によって回転しているため、通過地点がずれていくように感じるんだとか。宇宙って不思議!


星の観測とはまたちょっと違う夜空の楽しみ方。あなたもぜひ、空を見上げて国際宇宙ステーションを探してみてくださいね。

 

 

読んでいただきありがとうございます。


よかったら他の記事ものぞいてみてください。

 

 

【神奈川・小田原】そのギャップに癒される♪「きんじろうカフェ」

神奈川県の小田原に、ちょっと意外な組み合わせのおしゃれなカフェがあります。

 

その名も「きんじろうカフェ」

 

なんと!かの有名な二宮金次郎さんのカフェなんです。

 

皆さん、金次郎さんは知ってますよね。最近の小学校では見かけなくなりましたが・・

f:id:cmiyumiyu:20210202172025j:image

↑↑ この方です!

 

じつはこの金次郎こと二宮尊徳は小田原生まれ。小田原城のある「小田原城址公園」の中に、金次郎を祀った報徳二宮神社があります。

f:id:cmiyumiyu:20210202172756j:image

 

金次郎さんってどんな人?

金次郎といえばあの銅像のイメージ。でも実際にはどんなことをした人なんでしょう?一言でいえば、小田原藩や栃木などで当時の社会の課題に取り組み、財政改革や農村復興に力を尽くした人なんだそうです。

 

金次郎は江戸時代、比較的裕福な農家に生まれましたが、幼い頃に近くの川の氾濫で家は没落。家計を助けるため、子どもながらも朝から晩まで一生懸命働きました。その一方でわずかな時間も無駄にせず、読書に励んだのだとか。10代に両親を失い、兄弟も離れ離れになるなど、かなり苦労を重ねた人生だったようです。

 

神社の境内にあるおしゃれカフェ

f:id:cmiyumiyu:20210202172745j:image
「きんじろうカフェ」は「報徳二宮神社」の境内にあります。突然こんなカフェが現れて、ちょっとびっくり!

 

え?素敵なお店じゃないですか・・!オープンカフェになってますよ。

f:id:cmiyumiyu:20210202172803j:image

「金次郎×カフェ」って・・意外すぎます!このギャップを考えた人、すごいヾ(*´∀`*)ノ

 

ここでぜひ試してほしいのはカプチーノ。金次郎さんのラテアートだなんてシブいですね。そしてまさにほかにはない可愛さです

 

店内には、金次郎さんのロゴマークが入った、オリジナルグッズらしき文房具やキャンディーが並べられていました。

f:id:cmiyumiyu:20210202172806j:image

 

そしてこの「きんじろうカフェ」のお隣には、じつはもうひとつ別のお店が併設されているんです。

 

「Café 小田原柑橘倶楽部」

 

ここは地元小田原産のみかんやレモンを使ったメニューのほか、いろいろなオリジナル商品をそろえた素敵なカフェ。サイダーやドロップ、それに生ようかん(!!)など、カラフルな色づかいとノスタルジックなデザインに思わず目を奪われちゃいます。

f:id:cmiyumiyu:20210202172800j:image

お部屋のインテリアにも素敵かも♪お土産でもらったらきっとうれしいなあ!「きんじろうカフェ」とはまた違う雰囲気が魅力かもしれません。

 f:id:cmiyumiyu:20210202172749j:image
2つのカフェはテラス席を共有しているようで、とっても開放的な雰囲気。境内は緑も多くてゆったりとした時間が流れています。小田原旅の途中、ぜひ癒しの時間を過ごしてみては?

 

読んでいただきありがとうございます。

 

旅にかぎらず自分が楽しいと思ったこと、おもしろいと思ったものなど幅広く記事を書いています。よかったらのぞいてみてくださいね。

cmiyumiyu.hateblo.jp

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

 

お金を増やすためにやってる3つのこと

皆さん、お金を増やすために何かやっていることはありますか?

 

今は副業のハードルも低くなってますし、その分お金を増やすチャンスも増えてきています。でも一方で、持っているお金をどう増やすかというのも大事なこと。

 

本屋には「投資」や「お金を増やす方法」といった本が、これでもかというくらい並んでいます。それだけ「知りたい」と思ってる人が多いってことなんでしょう。


じつは私もそんなひとり。私は金融とか投資にはまったく素人ですが、それでもここ何年か、少しでもお金を増やしたいなと思ってやっていることがあります。

 

それは次の3つ。

 

1.ネット銀行の定期預金

2.投信積立やつみたてNISA

3.生協の積立

 

「やってみて実際のところどうなの?」という部分もあると思うので、参考までに書いてみますね。

 

1.ネット銀行の定期預金

ネット銀行の定期預金は、10年ほど前からやっています。今やメガバンク普通預金金利は0.001%が当たり前。定期預金でも0.002%ですからね。もはやお金が増えるというレベルじゃないし、まったくお話にもなりません。

 

その点、ネット銀行や信用金庫などはメガバンクよりも金利がよかったりするんですよね。私が定期預金の口座を作っているのはオリックス銀行。今現在の金利をみると、定期に3年預けて0.22%です。以前はもう少し金利がよかったのでそこは残念ですが、それでもメガバンクに比べればずっといいですね。

 

オリックス銀行に一番最初に預けたときは金利が0.6%とかなりよかったこと。そしてその後、継続して預けていることもあり、金利は今数万円ついています。

 

2.投信積立やつみたてNISA

ネット証券のSBI証券投信積立を始めたのはおそらく3、4年前くらい。途中から「つみたてNISA」も始めました。投資なのでもちろん元本割れのリスクもあります。初心者なりの冒険です。

 

毎月無理のない程度に、一定額自動積立しています。ひとつだけではなく、いくつかの金融商品に分散して投資。金利がマイナスになった時期もありました。そのときは、「いったいどこまで下がるんだろう??」とワクワクしちゃうくらいどーんと下がりました。その後、今はまた持ち直していい調子で増えてます。

 

私が積み立てている商品の現在の利回りは15%~35%くらいで、平均すると20%ほど。このままいってくれるといいですが、もちろんそんなに順調にはいかないですかね。投信積立とかつみたてNISAは、長期スパンで運用することで効果があると聞くので、しばらくはそのまま様子を見ようと思います。


これと並行して、子どもたちのジュニアNISAもやっており、毎月少額ずつの積み立てですが、今のところ順調に増えています。

 

どれもはじめの手続きは面倒ですが、自動積立の設定をしたあとは完全にほったらかし状態なのでラクです。ただあまりにもほったらかしすぎると、SBI証券からの「重要なお知らせ」がたまりすぎてしまうので、たまにチェックした方がいいかもしれません。

 

3. 生協の積立

わが家は子どもたちが小さい頃から生協をやっているのですが、毎月3000円ずつ積み立てをしています。まあそんなに家計に響かない金額なので気軽に始めたのですが、それが10年ほどたち、いつの間にかかなりの額になっていて正直びっくりしています。少額ずつでも、長い期間続けると積もり積もって大きくなるんだな~と実感!これから子どもたちもどんどんお金がかかるので、いざというときには心強いかも。

 
以上がここ数年、私がお金を増やすために具体的にやってきたことです。そして今まとめてみて、3つの大事なポイントがあるなと思ったので挙げてみます。


1、システムを作ってしまえばあとはラク

2、生活に差しさわりのない、無理のない金額の運用が大事。

3、時間を味方につけると強い。

 

時間がかかるんじゃちょっと...という方もいるかもしれません。でも日常に追われていると、3年5年なんてあっという間。その間に少しでも増えていたらうれしいと思いませんか?思い立ったときに行動したもん勝ちです!

 

そしてそれにはやはり、日常生活に影響がない範囲の金額でやるのがとても大事なんだと思います。このとき、何年か先の自分(たち)の人生がこれからどう動いていくのか(たとえば受験や結婚などの節目)、を考えたうえで決めることもすごく重要なんじゃないかな。


生活費まで食い込むようなやり方は、私には怖くてできません。「ふだんの生活をまかなう口座」、「急にお金が必要になったとき、ある程度そこから補える口座」、そして「面倒な手続きを踏まないと解約できない口座」という具合に、いくつかの段階に私は分けています。

 

これからどの程度お金を増やせるかは私にも分かりません(もしかしたら減るかもしれないですしね)。でも少なくとも、その辺の銀行におとなしく全部預けているよりはいいかな、という気持ちです。

 
自分だけのお金ではないのであまりリスクをとるつもりはないし、わりと慎重なほうなので、いけるとしたらこのあたりまでかなと。そして私は家計簿が3日と続かないたちなので、ほったらかしにできるこのやり方は性に合っていると思います。


今わが家の子どもたちは中学生。息子はまさに高校受験の真っ只中。去年はかなり塾代が出ていきました。「受験生ってこんなにお金がかかるんだ!」としみじみ感じた一年。何しろ、夏季講習や冬季講習などで、毎回10万円くらい飛んでいくんです(T . T)。

 

これからさらにお金がかかってくるわけで、そんなときに「少しでもお金を増やしておいてよかった!」とそのときの自分が思えればいいなと思います。

 

もっとも、教育費や老後の資金だけに振り回されて一生を終えるつもりもないですし、行きたいときに旅行に行けるくらいの余裕を、この先持ちたいとは思いますけどね。

 

読んでいただきありがとうございます。

 

よかったらほかの記事ものぞいてみてくださいね。