わたしいろ人生 〜元バックパッカーにじねこMiiの日記

母になってからも楽しいことだいすき♪ライターのお仕事をやっています。ブログでは主に旅、本、日常について発信中。

写真展「星野道夫の旅Selection 」で心をチャージ

こんにちは。

バックパッカー主婦のMiiです。

友人を誘って、千葉の市川市芳澤ガーデンギャラリーで開催中の写真展「没後20年 星野道夫の旅Selection 」へ行ってきました。(今日まででした!ちなみにこの後は富山で開催予定のようです。)

 

星野さんは市川市出身の写真家で、アラスカの自然や動物たちをカメラに多く収めてきました。TVの取材中の事故で40代の若さで亡くなり、その後20年ということで開催された写真展です。

 

http://www.michio-hoshino.com/

 

芳澤ガーデンギャラリーには初めて行きましたが、個人の方が寄贈された土地と庭を整備して作ったギャラリーなんだそうです。市民が身近に芸術や文化に親しむことができるように、という市川市の事業の一環とのこと。気持ちよく整備されていて、とてもステキな庭でした。

 

星野さんのことはMiiのブログでも今まで何度か書いています。一時期、星野さんの本を何冊も読みあさっていたのですが、そのほとんどはエッセイで、写真集を手にしたことはありませんでした。

それにしても驚いたのはその来場者の数です。星野道夫さんが市川市出身ということもあるでしょうが、平日にもかかわらず、なかなかたくさんの人!(最終日前日ということもあったのかもしれませんが。)

 

そして来てる人たちの年齢層も幅広くて、これまたびっくりです!男女問わず、年配のおじさまおばさまから、若い女性、小さい子を連れたママまで、その層の厚さには驚いてしまいました。

 

会場には、様々な動物たちや自然、そしてアラスカで星野さんが出会った人たちの写真が、星野さんが紡ぎだしてきた言葉と一緒に展示されていました。

 

印象的だったのは、写真の中の人や動物が見せるその眼の強さです。生命が宿っている、という感じ。

 

動物たちは”動物” とは思えないくらい眼の表情が豊かで、写真って、撮る人によってこんなにも内面を引き出すもんなんだな〜、とちょっと感動!

 

動物でも人でも、家族や親子の情愛を写した写真が多かったです。

 

星野さんがアラスカに渡るきっかけとなったのは、本の中で見た1枚の古い空撮写真。

 

シシュマレフ村という小さな村のその写真に強く惹かれた星野さんは、くわしい住所も分からないまま、村長あてに手紙を出したのだそうです。

 

”ぜひ、行ってみたい。なんでもやるので村に滞在させてほしい。”と。

 

そしてようやく半年もたったころに、アラスカからの返事が届いたのでした。

 

Miiは以前読んだ本の中でこの話を知って、すごく興味を持っていたのですが、今回なんとそのシシュマレフ村の空撮写真と、その時の手紙も展示されていたのです!

 

手紙の表書きはこうでした。

 

The MAYOR

Shishmaref ALASKA

U.S.A.

 

それはそれは丁寧な字で書いてある宛名。

 

なんだか、この3行に星野さんの思いのすべてが詰まっている気がしました。

 

この宛名で出した星野さんもすごいし、シシュマレフ村の村長さんの元まで手紙を届けてくれたアラスカの郵便屋さんもすごい!そして、受け入れの返事をくれた村長さんも。

 

このどれかひとつでも欠けていたら、その後の星野さんの人生は全く違ったものになっていたでしょう。

 

だけど、この手紙を書いた時の星野さんは、手紙がシシュマレフ村に届かないかも・・なんて、きっと少しも考えなかったんじゃないかなあ。

 

夢と希望だけをこの手紙に託したんじゃないかと、私は思います。

 

これは私の中での星野さんの勝手な印象ですが、まっすぐで、不器用な部分があるけど、だからこそ人間味があるというか・・。

 

だからこそそんな星野さんの生き方は、私たちの人間としての根っこの部分に訴えかけてくるのかもしれません。

 

そしてそれが20年後の今でも世代を超えて多くの人たちを惹きつける理由なんじゃないかと思います。

 

さて、その後‥

 

お腹もすいたので、そのまま帰りはランチへ。

 

途中の歩道に植えてあった桜の木、生命力ハンパない!↓↓

 

車で立ち寄ったのは、“CEPPO(チェッポ)”という洋食屋さん。

 

ママランチらしきお客さんたちでにぎわってました。

 

あまりにお腹がすいていて、思わずハンバーグセットのハンバーグ大(280グラム)にしてしまったのだけど・・思いのほかBigだった(笑)。

 

40代に280グラムはやっぱキツイよね・・身の程わきまえます´д` ;

 

cmiyumiyu.hateblo.jp

 

読んでいただきありがとうございます。

よかったら他の記事ものぞいてみてくださいね。